ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市長メッセージ (8月19日)

ページID:8490819 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年8月19日更新

市民の皆さんへ 市長メッセージ

飯田保健所管内で279名の陽性者確認

 本日(8/19)、飯田保健所管内において279名、飯田市内で212名の新型コロナウイルス感染症の陽性者が確認されたとの公表がありました。感染された方、ご家族をはじめ関係者の方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い快復をお祈りいたします。

管内で陽性者数が400名を超える日もある深刻な状況

 8/12~18の一週間の感染状況を見ますと、前の一週間に比べて、管内の陽性者の総数は、1101名から1417名へとさらに増え、8/18には、陽性者数の公表が飯田保健所管内で415名、飯田市内で338名というこれまでにない数字も出ており、きわめて深刻な状況です。

陽性者数の動向

 お盆中医療機関を受診できなかった方がお盆明けに医療機関に集中したこと、お盆期間に人と接触する機会が多くなり感染につながったことなどが原因として推測されます。

 行動制限が出ていないことから、意識・行動に緩みが出ていることも心配されます。人と接触・会話する際には必ずマスクを着用することをはじめ、人との距離を保つ、冷房を適切に使いながら換気をしっかり行う、手洗いや手指消毒を頻繁に行うなど基本的な感染防止対策を今一度徹底していただきますようお願いいたします。

可能な方はデイサービス等の利用を減らして

 年代別に見ますと、10代以下の陽性者が多い状況ですが、重症化のリスクを考えますと、70代以上の方の陽性者数が多いことに注意が必要です。

年代別陽性者数

 このような感染状況の中で高齢者の皆さんの命と健康を守るために、基礎疾患があるなど重症化リスクの高い方で対応が可能なご家庭においては、デイサービスやショートステイの利用について、回数を減らすか、当分の間控えていただくことが望ましいのではないかと考えます。ご家庭の事情に合わせて、ご検討いただければ幸いです。

医療への負荷を軽減するために

 全県の病床使用率が60%前後で推移しており、検査を求めて受診する方も急増していることから、外来・入院ともに医療がひっ迫している状況です。
 これまでであれば、発熱や咳等の症状のある場合は、外出を控えるとともに、医療機関に相談するようお願いしてまいりましたが、65歳未満の方や基礎疾患がない方など仮に感染していても重症化するリスクが低い方は、症状が軽い場合、医療機関に相談する前にまずは自宅での健康観察をご検討ください。
 各事業所におかれましても、従業員の方に対し、休暇取得の際や職場復帰の際に陰性・陽性の証明を求めることを控えていただければ有難いです。

 もちろん、症状が重い場合は、医療機関を受診してください。また、高齢者の方を中心に、本来受診が必要な方まで医療機関の受診を控えている状況も心配されます。
 医療機関の適切な受診をお願いいたします。

 飯田医師会では、8月21日(日)の休日当番医も、検査できる医療機関を増やして対応します。対応する医療機関の名称、連絡先、診療時間は、ご覧のとおりです。発熱や咳などの症状が重く、受診を希望する場合は、あらかじめ電話連絡の上、受診していただきますようお願いします。

<8/21(日)の対応医療機関> ※診療時間はいずれも午前9時~午後6時

(内科)

 後藤医院(伝馬町) 0265-24-6557

 羽生循環器科内科(鼎一色) 0265-24-1250

(小児科)

 健和会病院(鼎中平) 0265-23-3115

休日当番医

夏休み明けの登園・登校に必ず健康観察を

 管内の小中学校・高校では、本日始業式が行われた学校もあり、来週から多くの学校で2学期が始まり、保育園・幼稚園などのお子さんと合わせ、子どもたちの動きが活発になります。
 夏休み期間中にも10代以下の陽性者が多い状況が続いており、一層の注意が必要です。
 お子さんの登園・登校前の健康観察を確実に行っていただき、もし発熱やせき、のどの痛みなど日頃と違う体調が確認された場合には、登園・登校を控えていただきますようお願いいたします。同居家族に体調不良の方がいらっしゃる場合にも、登園・登校をお控えください。

ワクチン接種まだの方は改めて検討を

 全国的に感染力の強い変異株への置き換わりが進んでおり、ワクチン接種をしていても感染する例も多いとの報道がありますが、ワクチン接種の効果として、発症予防、重症化予防の効果も言われております。
 接種券は届いているがまだ接種していないという方は、今一度、ワクチン接種についてご検討をお願いいたします。

誹謗中傷をしないように 

 今まさに、いつどこで誰が感染してもおかしくない状況です。感染された方を責めるようなことはくれぐれもしないように、また、SNSの利用も含め、誰が感染したかを詮索したり、広めたり、誹謗中傷したりすることのないようご協力をお願いいたします。

 もし、お困りの方がいらっしゃいましたら、飯田市誹謗中傷等被害相談窓口(電話0265-22-4570)までご連絡ください。

 大変深刻な感染状況となっております。市民の皆さんのご協力をよろしくお願いいたします。

 

令和4年8月19日

  飯田市長 佐藤 健

 

 

ひとりで悩まず、まずお電話を
ご相談内容 ご相談窓口 電話番号
休園・休校に関する相談 通っている保育園・認定こども園、学校 保育園・認定こども園、学校へ
子育て全般に関する相談 こども家庭応援センター 0265-22-4511(内線5343)
つどいの広場(地域の子育て支援拠点) 連絡先は
いいだ子育て応援アプリ
いいだ子育てネット(外部リンク)
心や体の健康に関する相談 各地区の保健師  
飯田市保健センター 0265-22-4511(内線5531)
誹謗中傷などに関する相談 飯田市誹謗中傷等相談窓口 0265-22-4570
休校に関する助成金の相談 助成金・支援金コールセンター 0120-60-3999
相談先がわからないとき 飯田市福祉まるごと相談窓口 0265-22-4511(内線5728)

 

メッセージ動画

・動画は8月19日に撮影しました

これまでの市長メッセージ

これまでの市長メッセージはこちらからご覧ください(You Tube)(外部リンク)

二次元コードで読み込む方は下記からご覧ください

You Tube 飯田市公式チャンネル