ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルス関連情報 > 飯田下伊那二次医療圏内での検査体制について

飯田下伊那二次医療圏内での検査体制について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月28日更新

質問事項

飯田下伊那二次医療圏内での検査体制が必要と思うが、状況はどうか。

市からの回答

飯田下伊那地域では、飯田医師会はじめ医療関係者がPCR検査体制の早期確立を検討されてきており、市はこの意向を踏まえ「地域外来・検査センター」を飯田市休日夜間急患診療所の分室的位置づけで整えるところです。医療スタッフ等は当地域内の医療機関から派遣を受けて運営する枠組みとし、迅速かつ効果的な設置を進めています。
「地域外来・検査センター」は、県から飯田市が委託を受けて、飯田市が飯伊地区包括医療協議会と共に運営します。設置場所は検討中です。(4月27日現在)

【お問い合わせ先】保健課


※「議会からの質問事項」について
飯田市議会では、新型コロナウイルス感染症に関し「市議会災害対策会議」を設置して対応を協議しています。この間、議会と執行機関側で交わした質問と回答について、Q&A形式で市民の皆さまにお知らせします。