ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 商工業・サービス業 > 新型コロナウイルス関連情報 > 市独自の家賃相当額補助 (飯田市中小企業者等事業継続支援緊急助成金)
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 起業者・事業者向けの補助制度・助成制度・融資制度 > 新型コロナウイルス関連情報 > 市独自の家賃相当額補助 (飯田市中小企業者等事業継続支援緊急助成金)
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 補助制度・助成制度・融資制度 > 新型コロナウイルス関連情報 > 市独自の家賃相当額補助 (飯田市中小企業者等事業継続支援緊急助成金)

市独自の家賃相当額補助 (飯田市中小企業者等事業継続支援緊急助成金)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月7日更新

飯田市中小企業者等事業継続支援緊急助成金

 新型コロナウイルス感染症により、経営に影響がある市内中小事業者等に家賃相当額の一部を助成することにより、経営安定化、事業の継続を支援します。

チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中小企業者等事業継続支援緊急助成事業(チラシ) (PDFファイル/84KB)

 

事業概要

新型コロナウイルス感染症拡大により、大きな影響を受けている市内の中小企業者等に対して

事業継続のため家賃1か月分相当額の8割(上限8万円)相当額を2か月分支援します。

 

※申請にあたっては、下記要領を必ず確認ください。

申請要領 (PDFファイル/371KB)

 

対象者

新型コロナウイルス感染症の影響により、売り上げが減少している以下の市内の中小企業者等

■市内に建物(店舗、事務所、倉庫等)を賃借し、これを事業所(店舗、事務所、倉庫等)として営んでいる事業者

■個人事業主の場合は、市内に居住している者、法人事業主の場合は、市内に本店(主たる事務所)を有する者

■令和2年3月~5月までのいずれか1か月分の売上高と、前年同月の売上高を比較し50%以上減少している者

中小企業

業種

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

助成額

家賃月額相当分の8割(上限8万円)相当額×2か月分

助成回数は業者につき1回まで

※共益費及び借地代(駐車場代等)の経費は含みません

 

受付期間

5月11日(月曜日)6月30日(火曜日)

 

申請方法

●コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、申請書類は原則、郵送で提出してください●

郵送 ・・・ 申請に必要な書類を同封して産業振興課(下記)へ郵送して下さい。

窓口 ・・・ 市役所へ直接お越しの際は、マスクを着用のうえ、1階の総合受付案内横「助成金専用受付ボックス」へご投函ください。

【送付先】 

〒395-8501 飯田市大久保町2534 飯田市産業振興課 事業継続助成金担当 行

 

申請書類

■飯田市中小企業事業継続支援緊急助成金交付申請書ほか

※提出書類の詳細についてはチェックシートを確認ください。

助成金チェックシート (PDFファイル/62KB)

(1)助成金交付申請書(ダウンロードして使用ください) 

交付申請書 (Wordファイル/27KB)

交付申請書 (PDFファイル/80KB)

(2)誓約書兼同意書(ダウンロードして使用ください)

誓約書兼同意書 (PDFファイル/51KB)

(3)前年(2019年)の売上高がわかる確定申告書の写し
(4)令和2 年3 月~5 月うち、売上高が前年同月比50%以上減少した月の帳簿等の写し
(5)賃貸借契約書の写し
(6)賃貸借契約に係る直近の支払いを確認できる書類の写し(通帳の写しなど)
(7)助成金の振込先を確認できる申請者本人名義の通帳等の写し
(8)営業に関する許認可書類の写し(許認可を必要とする業種)

 

よくあるお問い合わせ(Q&A)

・主な質問をまとめました。内容は随時更新していきます

◆個人で市内で建物を貸借して事業をしていますが、市外に居住している場合は対象なりますか?

・対象になりません。市内にお住まいの方(住民票のある方)が対象となります。

 

◆市内外で複数の事業所を貸借し経営している法人の場合は対象になりますか?

・市内に本店(主たる事務所)がある場合(市内に本店の法人登記がある)は対象となります。

 

◆貸借している建物(店舗等)が複数ありますが、それぞれ申請ができますか?

・できません。業種の違う店舗(飲食店、小売店、サービス業等)であっても1事業者でまとめての申請となります。

 

◆複数の店舗を貸借し事業している場合、店舗ごとに売上げを比較しても良いですか?

・事業主全体の売上で比較します。全体の売上が50%以上減少している場合が対象となります。

 

◆前年(2019年)確定申告書が、3月決算により申告期限内で未申告の場合、前々年(2018年)確定申告書の提出でも良いですか?

・確定申告の申告期限内であって、申告前の場合は前々年(2018年)の確定申告書類の写しで問題ありません。

 

お問い合わせ先

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、ご相談等は窓口ではなくお電話で対応させていただきます。

・飯田市 産業経済部 産業振興課

・電話:0265-22-4511 内線3511、3513、3514

・FAX :0265-53-2333

・受付時間:月曜日~金曜日 8:30~17:15(祝祭日を除く)

 

 

 

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)