ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 新型コロナウイルス関連情報 > ◆個人・ご家庭の方々向けの支援情報一覧

◆個人・ご家庭の方々向けの支援情報一覧

ページID:0079026 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月27日更新
もらえる(給付金)
目的

事業名

(クリックでジャンプ)

支援内容

個人へのご支援一覧

低所得の子育て世帯に対する生活支援 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金

対象者:ひとり親世帯または低所得の子育て世帯
給付額:児童1人につき5万円

家計が急変(収入減)し、アパート等の家賃が支払えない 住居確保給付金

上限:単身世帯31,800円/月、2人世帯38,000円/月、3人世帯41,300円/月
給付期間:原則3か月(最長9か月まで延長可能)

家計が急変(収入減)し、大学等の授業料が支払えない 給付型奨学金(外部リンク)

世帯の所得金額の見込みに基づき奨学金を給付
※給付奨学金の支給対象の学生は、授業料等の減免も同時に受給可。

新生児の育児を支援 飯田市新生児育児応援支援金 対象者:令和2年4月28日から令和3年4月1日までの間に出生した者
給付額:5万円/人
【終了しました】
すべてのみなさまに給付
特別定額給付金

対象者:令和2年4月27日において、住民基本台帳に記録されている者
給付額:10万円/人

【終了しました】
ひとり親世帯に給付

ひとり親世帯臨時特別給付金

基本給付 5万円/人(第2子以降一人につき3万円)
追加給付 5万円(コロナで所得に影響を受けた方 要申請)

【終了しました】
子育て世代に児童手当を増額給付
子育て世帯への臨時特別給付金

児童手当(6月分)を増額 1万円/人
※申請は必要ありません

【終了しました】
ひとり親世帯に児童扶養手当を増額給付
児童扶養手当受給世帯への臨時特別給付金

児童扶養手当(7月期)を増額 2万円/人
※申請は必要ありません

もらえる(物資提供、検査費用の補助)
目的

事業名

(クリックでジャンプ)

支援内容
飲食店のテイクアウトや小売店などを利用して市内の事業者を応援

プレミアム割引券

飯田市内の加盟店でお支払い1,000円ごとに1枚使用できる500円分の割引券。
市民お一人につき、【テイクアウト割引券】2枚と【ささえあい割引券】4枚の計3,000円分を配布。

【テイクアウト割引券】
加盟店に登録した飲食店で「テイクアウト(お持ち帰り)」と「出前」限定で使用できます。

・利用期限4月30日まで

【ささえあい割引券】
加盟店に登録した店舗で使用できます。

・利用期限は6月30日まで

感染した場合に重症化するリスクの高い方や、業務上感染リスクが高い方への抗原定量検査費用の一部を補助

新型コロナウイルス抗原検査費用補助事業

いずれも1人2回まで

・65歳以上の方、または基礎疾患をお持ちの方(いずれも飯田市に住所のある方)は自己負額2,000円(市で6,000円補助)

・飯田市内の医療機関や介護・障害福祉サービス事業所にて業務に従事している方(業務委託先を除く)は自己負担額4,000円(市で4,000円補助)

【終了しました】
受験生が受験後に受ける感染症検査費用の一部を補助

飯田市受験生新型コロナウイルス感染症検査費用補助事業

地域外で受験した受験生が受験後に自費診療で受ける「抗原定量検査」または「PCR検査」の検査費用の一部を補助。上限額6,000円を1人2回まで。

【終了しました】
年末年始の学生の帰省が安心して受け入れてもらえるよう、学生の検査費用や帰省費用の一部を補助

「Back to 飯田」による検査費用と帰省費用の補助

帰省前後の新型コロナウイルス感染症のPCR検査(上限額18,000円)または抗原定量検査(上限額6,000円)と帰省するための交通費(定額2,000円)を補助

【終了しました】
住民税非課税世帯に商品券を配布

住民税非課税世帯へのプレミアム付き商品券配布 令和2年8月1日現在の住民税非課税世帯に対し、1世帯あたり5,000円の商品券を配布
【終了しました】
地域外に居住する学生を支援
飯田市学生応援プロジェクト事業

飯田市の特産品や感染予防対策商品など「ふるさと生活応援品」を送付

借りる(貸付金)
目的 事業名(クリックでジャンプ) 支援内容

 

一時的な資金が必要(主に休業された方) 個人向け緊急小口資金

貸付限度額:学校等の休業、個人事業主等の特例は20万円以内、その他の場合10万円
償還期限:2年以内(据置期間1年以内)
金利:無利子

生活の立て直しが必要(主に失業された方) 総合支援資金(生活支援費)

貸付限度額:2人以上の世帯20万円/月以内、単身世帯10万円/月以内
償還期限:10年以内(据置期間1年以内)
金利:無利子

支払いを待ってもらう(税金・社会保険料・公共料金の猶予等)
対象 支援内容 問い合わせ先

 

納税猶予

徴収の猶予:納期限未到来のもの、最長1年
換価の猶予:納期限が過ぎたもの、最長1年

市税:0265-22-4511
納税猶予は納税課、控除は税務課へ

 

県税:南信県税事務所飯田事務所 0265-53-0405

払戻し放棄に伴う寄附金控除

<所得税・住民税>
【対象】各種中止イベントのチケット払戻請求権を放棄した者
【措置内容】チケット購入金額を寄附金扱いとし控除対象

自動車税環境性能割の軽減延長

<自動車税・軽自動車税>
【対象】自動車取得者
【措置内容】税率1%軽減対象となる取得期限を令和3年3月31日まで延長

住宅ローン控除適用の弾力化

<所得税・住民税>
【対象】消費税増税後に住宅を購入した者のうち感染症の影響で令和2年12月までに入居できない者
【措置内容】控除期間の特例を受けるための入居期限を1年延長

耐震改修住宅の特例の弾力化

<不動産取得税>
【対象】耐震基準不適合の住宅を取得後に耐震改修した者のうち感染症の影響で取得後6月以内に入居できない者
【措置内容】要件を耐震改修工事終了後6月以内の入居に緩和

国民年金保険料 臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた手続きによる免除申請

市民課 0265-22-4511

水道料金・下水道使用料 支払いの猶予等についてご相談いただけます

飯田市水道お客様センター 0265-21-1132

電気・ガス、電話料金、NHK料金

経済産業省、総務省から事業者に対して支払いの猶予等、迅速かつ柔軟な対応が要請してあります

事業者にお問い合わせください
住宅ローンの返済

金融庁から、金融機関に対し、丁寧にフォローアップと返済猶予 などの条件変更について、迅速かつ柔軟に対応するよう要請してあります

借入先金融機関にお問い合わせください
生命保険・損害保険の支払い

金融庁の要請により、保険料の払い込みや保険契約の更新に関して各社が猶予期間を設けるなどの特別措置を講じています

契約している保険会社にお問い合わせください

 

もらえる(給付金)

住居確保給付金

詳細ページはこちら

支援の種類

  • 給付

制度の内容

主たる生計維持者が離職・廃業後2年以内である場合、もしくは個人の責任・都合によらず給与等を得る機会が、離職・廃業と同程度まで減少している場合において、一定の要件を満たした場合、次を上限に実際の家賃額を支給します。

  • 単身世帯 31,800円/月
  • 2人世帯38,000円/月
  • 3人世帯41,300円/月
  • 給付期間は原則3か月(最長9か月まで延長可能)

活用できる方、申請方法

次の(1)から(4)までのすべてに該当する方は、受給資格を満たす可能性がありますので、下記までご相談ください

(1)離職・廃業をした日から2年以内、またはやむを得ない休業等により、収入を得る機会が減少している

(2)資産(預貯金)が一定額以内で、かつ、収入基準額(月額)以下の収入である(収入には公的給付を含む)

飯田市の場合 単身世帯 2人世帯 3人世帯
収入基準額(月額)
資産(預貯金)額 468,000円 690,000円 840,000円
収入基準額(月額) 109,800円 153,000円 181,300円
支給上限額 31,800円 38,000円 41,300円

(3)(1)、(2)の状態になる前に、世帯の生計を主として維持していた

(4)誠実かつ熱心に求職活動を行っている

お問い合わせ

まいさぽ飯田(生活就労支援センター) Tel 0265-49-8830 Fax 0265-49-8692

受付時間:平日 午前9時30分~午後5時


 

もらえる(物資提供、検査費用の補助等)

新型コロナウイルス抗原検査費用補助事業

詳細ページはこちら

支援の種類

  • 検査費用の一部補助

制度の内容

  • 新型コロナウイルスに感染した場合に重症化するリスクの高い方や、業務上感染リスクが高い方に対し、新型コロナウイルス感染症抗原定量検査費用の一部を補助します。1人2回まで

(1)65歳以上の方、または基礎疾患をお持ちの方(いずれも飯田市に住所のある方)

  • 自己負担額2,000円(飯田市の補助額6,000円)

(2)飯田市内の医療機関や介護・障害福祉サービス事業所にて業務に従事している方(業務委託先を除く)

  • 自己負担額4,000円(飯田市の補助額4,000円)

※検査費用が8,000円未満の場合は、補助額が異なります。
※検査結果の証明書が必要な場合には、検査料に加え改めて料金がかかります。

申請方法

  • 交付申請書兼請求書の提出による(対象となる検査の種類及び受検する期間にご注意ください)。

補助対象期間

  • 令和2年11月から令和4年3月まで

お問い合わせ

保健課 内線5513


 

かりる(貸付)

生活福祉資金制度による貸付(緊急小口資金貸付)

支援の種類

  • 貸付(融資)

制度の内容

  • 被害により当座の生活費を必要とする世帯への貸付

貸付限度額

原則10万円

20万円以内(※特例措置)

緊急小口資金貸付

貸付利子・保証人

無利子・不要

据置期間

1年以内

償還期限

2年以内

(※特例措置について)

下記に該当する世帯は、貸付限度額20万円以内となります。

  1. 世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき

  2. 世帯員に要介護者がいるとき

  3. 世帯員が4人以上いるとき

  4. 世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、臨時休業した学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき

  5. 世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき

  6. 世帯員の中に個人事業主等がいること等のため、収入減少により生活に要する費用が不足するとき

  7. 上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要な場合。

申請、相談について

申請には相談が必要です。まずは、飯田市社会福祉協議会に電話にてご連絡ください。

活用できる方

新型コロナウイルス感染症の影響により当座の生活費を必要とする世帯。低所得世帯に限りません。

お問い合わせ

飯田市社会福祉協議会 地域福祉課 地域福祉係(電話0265-53-3180)

 

生活福祉資金制度による貸付(総合支援資金貸付)

支援の種類

  • 貸付(融資)

制度の内容

  • 被害により当座の生活費を必要とする世帯への貸付

貸付限度額

(貸付期間は3か月まで)

2人以上

月20万円以内

単身

月15万円以内
総合支援資金貸付

貸付利子・保証人

無利子・不要

据置期間

1年以内

償還期限

10年以内

 

申請、相談について

申請には相談が必要です。まずは、飯田市社会福祉協議会に電話にてご連絡ください。

活用できる方

新型コロナウイルス感染症の影響により当座の生活費を必要とする世帯。低所得世帯に限りません。

お問い合わせ

・飯田市社会福祉協議会 地域福祉課 地域福祉係(電話0265-53-3180)