ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市田柿の生産振興事業補助金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月5日更新

 市田柿の安定的な加工生産体制の強化、及び品質の向上を図るための制度についてご説明します。

  市田柿生産振興補助金

【対象】 農業共同組合、農業生産法人、農業者2戸以上で構成する組織または特認生産者及び市長が適当と認める団体

市田柿生産振興補助金 実施要領(内規) (PDFファイル/352KB)

市田柿生産振興事業補助金 概要 (PDFファイル/212KB)

(1)脱針式皮むき機整備事業

【内 容】 脱針式皮むき機の購入補助(特認生産者は2台目以降導入の場合に限る)

【補助率】 共同利用 4分の1以内、特認生産者 2分の1以内

(2)加工及び製品化設備整備事業

【内 容】市田柿の加工及び製品化に用いる設備の購入補助

  1. 加工工程に用いる乾燥設備
  2. 干し場の除湿設備
  3. 原料柿及び製品柿の予冷設備
  4. 選果設備
  5. 干し場用パイプハウス
  6. パイプハウス内部吊るし棚施設

【補助率】 共同利用4分の1以内 各項目上限10万円    特認生産者 2分の1以内 各項目上限20万円

(3) 苗木導入事業

【内容】市田柿の新植、改植、捕植のための苗木の導入補助

【要件】1園地につき5本以上定植する場合に限る

【補助率】4分の1以内

(4) 新規樹園地整備事業

【対象】 農業共同組合、農業生産法人、農業者または特認生産者及び市長が適当と認める団体

【内容】 市田柿新規樹園地の整備費用補助

  •   賃借料(初年度のみ)
  •   土壌分析、診断経費
  •   土壌改良資材購入費
  •   整地、既存施設除去、伐根経費
  •   進入路整備

【補助率】 一般利用 4分の1以内 上限10万円    特認生産者 2分の1以内 上限20万円

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)