ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 農林水産業 > 市田柿 > 市田柿の「地理的表示保護制度」登録の取り組みについて

市田柿の「地理的表示保護制度」登録の取り組みについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月1日更新

市田柿の更なるブランド化に向けて

市田柿の集荷販売業者や関係する行政組織等で構成する「市田柿ブランド推進協議会」では、干し柿の品質を保持することにより、伝統の「市田柿」を守り続けるため、衛生管理の徹底や、粗悪品の流通防止に取り組んでいます。

更なるブランド化を進めるため、JAみなみ信州は6月1日から新たに始まる「地理的表示保護制度(Gi制度)」の登録第1号を目指し申請手続きを進めています。

制度の内容

地域の特産品に伝統と優れた特性があり、その特性が産地と結びついている産品の名称を国が知的財産として保護する制度です。

登録の効果

(1)地域ブランド産品として、品質を国内外で国が保証してくれるので、輸出国にも高品質をアピールできます。

(2)Giマークの使用が認められ、他産品との差別化が図れます。

(3)不正な地理的表示の使用を国が取り締まってくれます。

この制度の登録によって、品質基準や衛生管理基準に基づき生産・加工された高品質な柿のみを「市田柿」として登録されます。

 長野県プレス資料 (PDFファイル/320KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)