ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > イベント情報 > イベント情報 > 会議・説明会・その他 > リニアのまちづくり・いいだ > 【5月28日開催】 リニア駅ができるまち飯田「オンライン報告会」
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > まちづくり > リニア中央新幹線 > リニアのまちづくり・いいだ > 【5月28日開催】 リニア駅ができるまち飯田「オンライン報告会」
リニアのまちづくり・いいだ
  • ホーム
  • お知らせ
  • 概要
  • 取り組み
リニア中央新幹線の概要・環境影響評価
リニア本体工事
リニア駅周辺整備
代替地整備
代替地登録制度
関連事業
リニア中央新幹線開業を見据えた取り組み
リニア推進ロードマップ
説明会の開催状況
広報・啓発
リニア推進部 業務紹介
  • キッズ向け情報
  • 関連資料のダウンロード
  • ふるさと納税・寄付金のご案内
関連リンク

【5月28日開催】 リニア駅ができるまち飯田「オンライン報告会」

ページID:20220528 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月6日更新
オンライン報告会

 【オンライン報告会を視聴する】(外部リンク)
​ 【ご意見募集へ】

リニアの駅って、どーなるの? ~みんなでつくる駅前空間「結いの広場」~

駅のデザインは見た気がするけど、「結いの広場」って???

2019年12月に策定したリニア中央新幹線の駅前空間の設計方針と全体計画の考え方「飯田・リニア駅前空間デザインノート」の具現化に向けて検討を重ねてきた現在の状況を、飯田市のYouTubeチャンネルでライブ配信にてお届けいたします。

リニア駅周辺整備の”今”を知って、飯田のリニア駅前空間「結いの広場」が地域の玄関口としてふさわしい魅力あるものとなるよう、みなさまのご意見をぜひお寄せください。

今回は全2回の報告会の第1回目となります(第2回は7月16日開催予定)。

視聴方法

オンラインライブ配信は、こちらのリンク  【オンライン報告会を視聴する】(外部リンク) ​(※)をクリックし、パソコン、スマートフォン、タブレットなどでご視聴ください。

(※)報告会の動画は終了後も視聴できます。ライブ配信開始時刻の30分前までは、飯田市YouTubeチャンネルの【リニア駅ができるまち飯田 〜リニアの進捗状況〜(飯田市テレビ広報 令和4年3月号) 】のご案内になります。​

日時

令和4年5月28日(土曜日)15時00分~(16時30分終了予定)

※途中参加、退出は自由です。

プログラム

※当日の進行状況により変更となる場合があります

15時00分 開会

15時05分 検討成果報告(2つのトピックについて動画視聴後、有識者が解説)

駅周辺整備デザインガイドライン
  • 報告動画視聴(20分)
  • 都市づくりパブリックデザインセンター 小澤 一郎氏、北川原研究所 北川原 温氏による解説
リニア駅からの二次交通のあり方
  • 報告動画視聴(10分)
  • 信州大学 高瀬 達夫氏による解説

15時55分 トークセッション

  • 結いの広場の姿をどう描いていくか
  • 交通におけるこの地域の現状と課題
  • 質疑への応答

聞き手:飯田市長 佐藤 健
語り手:小澤 一郎氏、北川原 温氏、高瀬 達夫

16時30分 閉会

 

リニア駅前空間「結いの広場」整備に関するご意見ご感想等は・・・

こちら  【ご意見募集へ】 ​ にお寄せください。

 

参加有識者紹介

小澤 一郎(Ozawa Ichiro)

公益財団法人都市づくりパブリックデザインセンター顧問。
東京大学工学部都市工学科卒業後、建設省に入省。
都市局区画整理課長、大臣官房技術審議官(都市局担当)、都市基盤整備公団理事などを歴任。
結いの広場「次世代インフラプロジェクト」チームリーダー。

北川原 温(Kitagawara Atsushi)

建築家。東京藝術大学名誉教授。
千曲市出身。飯田高等学校卒業。
伝統的な木組み構造のミラノ万博日本館をはじめ、多くの公共建築に携わる。
日本建築学会賞作品賞、日本建築大賞、日本藝術院賞など国内外で受賞多数。
結いの広場「トータルデザインプロジェクト」チームリーダー。

高瀬 達夫(Takase Tatsuo)

信州大学工学部准教授。一般社団法人交通工学研究会技術顧問。
名古屋大学大学院博士課程修了。専門は交通計画、地域計画。
長野県移動性・安全性向上検討委員会委員長。
長野県都市計画審議会、飯田市都市計画審議会など多くの自治体の都市計画に携わる。

 

お問い合わせ

リニア駅ができるまち飯田オンライン報告会担当(飯田市リニア推進部内)

TEL:0265-22-4511(内線3321)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)