ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・交通 > 交通情報 > リニアのまちづくり・いいだ > 新たなモビリティ(EVバス)の活用実証に係る基本協定を締結しました
リニアのまちづくり・いいだ
  • ホーム
  • お知らせ
  • 概要
  • 取り組み

新たなモビリティ(EVバス)の活用実証に係る基本協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月17日更新

地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた新たなモビリティの活用実証に係る基本協定

令和2年2月14日、信南交通株式会社、中部電力株式会社及び飯田市は、「地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた新たなモビリティの活用実証に係る基本協定」を締結しました。

目的

中部電力株式会社及び飯田市が締結しました「地域循環共生圏構築による持続可能な地域づくりに向けた包括連携協定」の連携事項により、新たなモビリティの活用(EVバス)を信南交通株式会社と連携し、実証するため

実施内容

EVバスの導入及び運行、EVバスを使ったエネルギーマネジメント、バスの利便性向上や需要創生等に資する附帯事業

役割分担

飯田市は、地域内での調整や必要なサポート

信南交通株式会社は、EVバスの運行管理

中部電力株式会社は、全体統括及び詳細検討・実行、EVバス車両導入に関する諸調整

期間

令和2年2月14日から令和4年3月31日まで

実際のEVバスの運行は、車両が整い次第、開始します。

 

締結式の様子1
締結式の様子2