ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
リニアのまちづくり・いいだ
  • ホーム
  • お知らせ
  • 概要
  • 取り組み
リニア中央新幹線の概要・環境影響評価
リニア本体工事
リニア駅周辺整備
代替地整備
代替地登録制度
関連事業
リニア中央新幹線開業を見据えた取り組み
リニア推進ロードマップ
説明会の開催状況
広報・啓発
リニア推進部 業務紹介
  • キッズ向け情報
  • 関連資料のダウンロード
  • ふるさと納税・寄付金のご案内
関連リンク

環境影響評価

ページID:0066671 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月3日更新

中央新幹線計画における環境影響評価法の手続き

環境影響評価(環境アセスメント)とは、大規模な開発事業を実施しようとする事業者が、住民や関係自治体などの意見を聴きながら、事業が環境に及ぼす影響について調査・予測・評価し、より環境に配慮した事業とするための制度です。

中央新幹線計画においては、東海旅客鉄道株式会社が手続きを進め、2014年8月、最終的な環境影響評価書が公告されました。

環境影響評価の手続き

事後調査・モニタリング

中央新幹線(東京都・名古屋市間)環境影響評価書に基づく事後調査の計画書、及び環境調査の結果等です。

また、水資源に係る具体的な調査の計画についても取りまとめられています。

環境保全の計画

 

 

中央新幹線 環境影響評価・事後調査に対する長野県の助言について

下記のリンクをご覧ください。