ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 子育て > 健康いいだ > 日本脳炎ワクチンの不足について

日本脳炎ワクチンの不足について

ページID:0078758 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月12日更新

厚生労働省より、全国的に日本脳炎ワクチンが不足していると通知がありました。

不足の原因と当面の対応につきましては、以下をご参照ください。

 

ワクチン不足の原因

日本脳炎ワクチンを製造している2社のうち、1社のワクチンに製造上の問題が生じたため、製造が一時停止となりました。そのため、ワクチンの供給量が大幅に減少し、出荷量の調整が行われています。ワクチンの製造は再開していますが、製造に1年程度かかるためその間不足が生じる見込みです。

 

対応

1  予診票の送付について

(1) 1期初回1回目・2回目 (送付対象者:3歳のお子さん)

  ワクチンの供給状況に合わせ送付しますので、予診票が届いた方から医療機関へ予約の上、予防接種をお受けください。

  ワクチンの供給量が少ない場合は、送付を最長1年程お待ちいただく可能性もあります。

 

(2)1期追加(送付対象者:平成29年1月以降生まれのお子さん) と、

  2期(送付対象者:平成24年1月以降生まれのお子さん)

  令和3年1月より送付を停止しています。

  ワクチンの出荷量が限られるため、免疫を持たない初回1・2回目未接種のお子さんの予防接種を優先して行います。

 ※ 日本脳炎は、接種対象年齢の幅が広いため、定期予防接種(無料)での接種期間は十分にあります。

 

2  すでに予診票をお持ちの方の定期接種について

(1)定期接種の期限まで1年を切っている方

  定期接種の期間内に受けられるよう、早めに医療機関へ相談・予約のうえ、接種をお受けください。

  定期接種期間は「定期接種期間」をご参照ください。 

(2)1期初回(1回目・2回目)の予診票をお持ちの方

  医療機関へ予約のうえ、接種をお受けください。

(3)1期追加(3回目)・2期(4回目)の予診票をお持ちの方で、接種期限まで1年以上ある方

  ワクチンの供給が回復すると見込まれる令和4年1月頃まで予防接種を受けるのをお待ちください。

 

定期接種(無料)期間

定期接種の期間は次のとおりです。

(1)平成21年10月2日以降生まれの方

  (ア)日本脳炎1期(初回2回、追加1回) : 生後6か月~7歳半未満

  (イ)日本脳炎2期(1回) : 9歳~13歳未満

(2)平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方(特例対象者) : 1期・2期共に13歳未満まで

(3)平成13年4月2日~平成19年4月1日生まれの方(特例対象者) : 1期・2期共に20歳未満まで

 

問い合わせ先

 保健課健康推進係 予防接種担当 

 0265-22-4511 (内線5512)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)