ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 平成23年4月定例記者会見

平成23年4月定例記者会見

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月20日更新

4月20日に開催した定例記者会見の概要をお知らせします

発表事項は
(1)制度資金の利用状況について(H22結果)【金融政策室】
(2)飯田市制度資金一部改正について【金融政策室】
(3)平成23年度ムトス飯田助成事業の募集について【地域づくり・庶務課】

の以上3件でした

(1)制度資金の利用状況について(H22結果)

平成22年度制度資金利用状況(県・市合計)

件数 533件(前年比0.77)
金額 5,589,440千円(前年比0.85)

 平成22年度の制度資金の利用状況は、前年度と比較し、約10億円減少した。リーマンショックの影響の流れから中小企業金融円滑化法による返済条件の変更などの新規融資によらない資金繰り対策があり、例年と比較し制度資金の利用は減少した。
 しかし、平成23年3月は、年度末の資金需要に加え、緊急保証制度の終了(震災により半年延長)および震災の影響により 度資金の利用が増加した。

制度資金の業種別利用状況

  • 建設業122件
  • 製造業126件
  • サービス業93件
  • 小売業90件
  • 卸売業59件
  • 飲食業33件
  • 運送業10件  合計533件

経営再建相談件数

件数18件 (業績不振、資金調達に関する相談がおおくありました)

(2)飯田市制度資金の一部改正について

小口零細企業保証資金の創設

 責任共有制度の導入による小規模企業者への影響を緩和するため、一定の要件を満たす小規模企業者の金融機関からの借入れによる債務の保証を責任共有制度の対象外(信用保証協会100%保証)とすることにより、小規模企業者への安定的な資金調達を維持し、もって経営の安定に資することを目的とする。

小口事業資金の貸付利率の変更

小口事業資金の貸付利率を0.2%引き下げる
(限度額1000万円 貸付期間5年 利率2.1%)

緊急経済対策資金の延長

固定金利で最も低利な資金である緊急経済対策資金(利率1.6%)の適用期限を1年延長し、平成24年3月31日までとする。

施行日

平成23年4月1日

(3)平成23年度ムトス飯田助成事業の募集について

 ムトス飯田推進委員会では、平成3年度より「ムトス飯田まちづくり応援事業」として、独創的で波及効果のあるまちづくり活動を行う団体に対して助成をおこなってきました。平成23年度の事業を募集します。

地域づくりモデル的活動支援事業助成金

  • 地域の課題解決に向けた事業
  • 地域情報・課題の相互理解を推進する事業
  • 自立に向けた組織力を向上する事業
  • 複数の自治活動組織が共同して、共通の地域課題の解決や共通の地域資源を 活かして行う地域連携型の事業

まちづくり応援事業助成金

  • 新しいまちづくり活動
  • 地域がわくわくするまちづくり活動
  • 子育てを楽しめるまちづくり活動
  • 世代間交流が活発になるまちづくり活動

募集期間

5月6日(金曜日)~6月3日(金曜日)