ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 平成23年1月定例記者会見

平成23年1月定例記者会見

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月20日更新

1月20日に開催した定例記者会見の概要をお知らせします

発表事項は
(1)第26回ムトス飯田賞の決定について【総務部】
(2)ムトス飯田市民ファンドによる融資について【総務部】
(3)「ISO14001自己適合宣言」「環境モデル都市認定」記念シンポジウムについて【水道環境部】

の以上3件でした

(1)第26回ムトス飯田賞の決定について

ムトス飯田推進委員会は、平成22年度のムトス飯田賞の候補団体6団体から 次の2団体を受賞団体として決定しました。

遠山山の会~安全で親しみやすい山づくりを目指して~

 長年に渡って、登山者のニーズに対応した登山道の整備や避難小屋の設置、パトロールを通して、親しみやすい山づくり、遠山郷のイメージアップにつなげています。
 地域における貢献度も高く、遠山中学校の学校登山のサポーター活動を通し、子ども達にふるさとの素晴らしさを伝えたり、大人の自主的な地域活動に示唆を与える結果となりました。

医療法人栗山会 飯田病院~「医と文化の融合」を目指して~

 「医の文化の融合」を理念に掲げる当病院は、病院そのものを地域におけるアメニティー空間として解放し、文化による「交流」の場を創出しています。中でも「ロビーコンサート」は、これまで100回にわたってクォリティの�・い音楽を提供し続けています。
 院内活動の域を超え、市民に広く開かれ幅広い共感を得るとともに、地域における文化振興にも深く寄与しています。

ムトス飯田交流会・第26回ムトス飯田賞表彰式の概要

 ムトス飯田助成団体の事業発表を中心に、各団体の横のつながりを築くことを目的に、過去の受賞団体や助成団体に参加を呼びかけ開催しています。

日時

2月19日(土)午後1時30分~

場所

市役所3階会議室

内容

ムトス飯田賞表彰式(13時30分~)
交流会(14時30分~)

(2)ムトス飯田市民ファンドによる融資について

融資の概要

融資先

特定非営利活動法南信州バイコロジー協会 会長 熊谷秀男

融資金額

100万円

融資使途

つなぎ資金(2010バイコロジー・シンポジウムin南信州)

借入に対する社会貢献活動

デイサービス等福祉施設の訪問

 当協会はバイコロジー運動を推進することにより自然環境や生活環境を守り、併せて地域住民の健康と体力づくりに貢献し、健全で明るく豊かな生活の実現に寄与することを目的としています。
 今回の融資は今年度2件目、通算3件目の融資となります。

(3)「ISO14001自己適合宣言」「環境モデル都市認定」記念シンポジウムについて

 飯田市は2003年1月23日に「ISO14001自己適合宣言」を行い、6年後の2009年1月23日に環境モデル都市に認定されました。
これを記念し「小さな世界都市に向けた環境の取り組み」をテーマに、環境の大切さや持続可能な地域社会の創造について考えるシンポジウムを開催します。

日時

2月3日(木)午後6時~7時40分

場所

市役所 301~303会議室

プログラム

  • 開会
  • 主催者あいさつ
  • おひさま0円システムの紹介
  • 基調講演「ドイツに学ぶ環境と経済を循環させる政策について」
    (講師 フランツ・ヴァルデンベルガー氏)
  • パネルディスカッション
    パネリスト 飯田市長、フランツ・ヴァルデンベルガー氏
    コーディネーター 竹ヶ原啓介氏
    (株)日本政策投資銀行事業開発部CS R支援室長