ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 市長の部屋 > 平成21年12月臨時記者会見

平成21年12月臨時記者会見

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年1月8日更新

12月24日に開催した臨時記者会見の概要をお知らせします

JR東海による国土交通省への4項目調査の結果報告について

市長コメント

 昨年10月に地形地質等に関する調査の報告書が提出され、それに続き本日4項目に関わる調査報告書がJR東海から国に対し提出された。これにより、全国新幹線鉄道整備法に定めるステップがひとつ進んだと理解している。リニア中央新幹線の実現に向けて、新たな段階に入るという認識である。
 私たちの飯田市あるいは南信州地域は、昭和48年に中央新幹線基本計画が決定された直後から、官民一体となった運動を継続展開してきたが、これで大きな山場を迎えつつあるという認識である。
 今後は、引き続いて当初からの終始一貫した目的であるリニアの早期実現と飯田駅設置の運動を展開するとともに、リニアを活かした南信州定住自立圏の在り方等についても、さらに検討を進めていきたいと考えている。
 国に於いては、様々な状況を多面的総合的に検証検討して、リニアの早期実現に向けてスピード感ある取り組みを期待するところである。

関連ファイル

12月臨時記者会見概要(PDFファイル/147KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)