ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

入札制度の見直しについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月11日更新

平成28年4月1日付で入札制度の見直しを行いました

 市では、事業者の皆さんのご意見や国等の方針を踏まえ、入札制度の見直しを随時行っています。
 この平成28年4月から、入札制度の一部を次の通り改めますので、ご理解ご協力をお願いします。

事後審査型一般競争入札制度を見直しました

1 事後審査型一般競争入札の対象金額の範囲を一部広げます。

 飯田市では事後審査型一般競争入札の対象を原則800万円以上の建設工事とし、800万円未満の工事は指名競争入札としてきました。
 平成28年4月以降は、指名業者数が多数となる場合など、一般競争入札もできることとしました。
 この場合、入札執行は市のホームページでの公告によっての告知となりますので、ご注意ください。
 ※ すべての入札が一般競争入札に移行するわけではありません。

2 応札者が1者でも入札を執行します。

これまでは、応札者が2者に満たない場合は入札を中止していました。
平成28年4月1日以降は、応札者が1者でも入札を行うこととします。

総合評価落札方式の入札を見直しました

 総合評価落札方式いよる入札については、平成23年度から試行に取り組んできました。
 平成28年4月からは、これまで5年間の試行結果を踏まえ、内容を見直した制度運用を開始します。
 今後も引き続き実施状況を検証し、改善を図ってまいります。

 【主な変更点】
  1 対象とする工事は、基本A級対象工事とし、工種「土木一式」に関してはA・B級以上を対象工事とします。
    工種にかかわらず、工事の等級が対象となる場合は、可能な限り総合評価落札方式を採用します。

  2 総合評価に際して、「価格以外の評価点」の内容、配点を見直しました。

     飯田市建設工事総合評価落札方式実施要綱・総合評価点算定基準

   

   

契約済設計図書を行政資料コーナーにて閲覧可能とします

 これまで、情報公開請求で対応させていただいた、契約後の設計図書(設計金額入り)を、閲覧可能とします。

 【対象文書】 
  平成28年4月以降執行の財政課が入札を行う工事案件の文書で、契約手続きが完了したもの。(金額入設計図書「工事内訳書」)
 【閲覧場所】 
  市役所A棟2階の行政資料コーナー(入札図書閲覧場所)
 【コピーについて】 
  紙でのコピーはできません。
  コピーを希望される場合は、CD-R版を用意しますので、指名競争入札図書の閲覧同様、空CD-Rを御用意いただき、複写してください。

  なお、閲覧対象以外の文書は、これまで通り「情報公開請求」の手続きが必要です。また、閲覧図書及びCDの持ち出しはできませんのでご注意ください。