ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ワーキングホリデー飯田 > 2012年8月の東京農業大学フィールドスタディー

2012年8月の東京農業大学フィールドスタディー

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年9月11日更新

 東京農業大学の学生さんが、今夏も、ワーキングホリデーに参加されました。
 10軒の農家さんに19名の学生さんが分宿して農作業に励みました。

東京農業大学の学生さんが、今夏も、ワーキングホリデーに参加されました

  この時期の南信州・飯田では、桃の収穫が最盛期を迎えます。毎年恒例で来てくださる大学生を、受け入れ農家のみなさんもとても頼りにされています。

 桃の収穫は、朝早くから。農家さんが木から採った桃が入っているビクを素早く運んだり、丁寧に選別したりするお手伝いです。

農家さんが木から採った桃が入っているビクを素早く運んだり、丁寧に選別したりするお手伝いです

 首にかかるタオルが、暑さを物語っていますね。

首にかかるタオルが、暑さを物語っています

 甘い香りが漂う桃畑。木陰で直射日光はさえぎられているものの、気温は30℃を超える暑さです。

甘い香りが漂う桃畑

 さらに箱詰めまで。

さらに箱詰めまで

 連日の暑い中の作業も、一生懸命取り組んでいただいた学生のみなさん。農家さんとの交流も深まったようです。

 農家さんでの実際の経験が、今後の勉学にいかせていただけたらと思います。

農家さんとの交流も深まったようです