ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ワーキングホリデー飯田 > 秋のワーキングホリデー(第1回)

秋のワーキングホリデー(第1回)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月6日更新

 秋のワーキングホリデー第一回目が11月1日~4日行われました。

秋のワーキングホリデー第一回目

 期間中には、この秋いちばんの冷え込みとなり、南アルプスも雪を頂きました。

 この期間中、27軒の受入農家へ47名の皆さんが参加されました。まずは、リンゴの農作業をされたみなさんの様子から。

リンゴの葉摘みの作業

 立派なリンゴの実をたわわにつけた樹の下での作業。こちらの農家さんでは、葉摘みの作業が行われていました。

リンゴの玉回し 

 また別の農家さんでは、リンゴの玉回しをされていました。ひとつひとつのリンゴに、日光がよくあたり、きれいな赤色の
おいしいリンゴになるよう、手をかけます。

 つづいて、市田柿の作業をされているみなさんです。この季節は、南信州特産の干し柿である市田柿の収穫から、皮むき、干す作業にと、猫の手も借りたい忙しさです。

市田柿の収穫

 澄みきった青空。冠雪した山々に囲まれての作業が、爽快ですという声も聞かれました。

慣れた手つきでどんどんと収穫

秋の日差しの下、リピーターのみなさんは慣れた手つきでどんどんと収穫されていました。

安全な三脚の使い方で、傾斜のある畑でもお手伝い

 安全な三脚の使い方も農家さんに教わりながら、傾斜のある畑でも、しっかりとお手伝いいただきました。

干し場の準備風景

 こちらは干し場の準備風景。これも大切なお仕事です。

南信州の秋の風景・柿のれん

 専用の機械で柿の皮をむく、プシュー、シュルシュルーっという音が、各戸の農家さんから聞こえてきました。

 剥くのも、吊るすのもひとつひとつが手作業。ワーキングホリデー参加者のみなさんのおかげで、南信州の秋の風景・柿のれんができていました。

急な冷え込みでいっそう美しくなった紅葉

 急な冷え込みでしたが、おかげで紅葉がいっそう美しくなったように思います。

 秋のワーキングホリデーにお越しのみなさん、本当にお疲れ様でした。