ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ワーキングホリデー飯田 > 秋のワーキングホリデー(第2回)

秋のワーキングホリデー(第2回)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月23日更新

  秋のワーキングホリデー第2回目が、11月22日より始まりました。

リンゴも雨にぬれています

 翌日の勤労感謝の日の23日は、残念ながら雨天。リンゴも雨にぬれています。

 あいにくのお天気ではありますが、みなさん、箱詰め、袋詰め作業などをお手伝いされていました。

洋ナシの選果と袋詰めの作業

 こちらの農家さんでは、洋ナシの選果と袋詰めの作業をされていました。

洋ナシ

 こちらでは、果物を入れる箱の組み立て。

果物を入れる箱の組み立て

 おいしい果物を実らせることはもちろん、お客さんのお手元に届けるまでにも、生産者のみなさんの手間暇がかかります。

収穫の喜びもひとしお

 こちらの参加者さんは、春と夏にもワーキングホリデーにいらっしゃっています。収穫の喜びもひとしおでしょうね。

 こちらでは、お天気をみながら、リンゴの袋詰め作業。晴れたら、畑に収穫に出られる予定とのことです。

リンゴの袋詰め作業

 黄色いリンゴ「王林」甘い香りがたちこめていました。

黄色いリンゴ「王林」甘い香りがたちこめていました

 雨はやんだものの、樹がうけとめた雫が降る果樹園のなか、こちらでは収穫作業の真っ最中。あまりの手慣れた様子に
農家さんかと思いきや、何年もリピートしている参加者さんです。

収穫作業の真っ最中

 こちらの農家さんでは、反射シートの回収作業をされていました。

反射シートの回収作業

 30m近い長さのシートを巻きつけていきます。
 葉が入らないように、しわにならないように、参加者さん同士、声を掛け合いながら作業されていました。
 農家さんからは、「意外と一人では大変な作業なので、とても助かります。丁寧に巻き取っておくと、来年広げやすく効率にもかかわりますし、資材も長持ちするので、ありがたいです」とおっしゃっていました。

南信州の秋の景観、柿すだれと紅葉
南信州の秋の景観、柿すだれと紅葉。

 この柿すだれには、ワーキングホリデーのみなさんが手掛けたものも含まれています。ワーキングホリデーの温かい絆が、こうして南信州・飯田の景色にも溶け込んでいるのですね。

 3時を過ぎて、少し空が明るくなってきました。明日は晴れの予報。露が早く乾いてほしいと願うばかりです。