ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ワーキングホリデー飯田 > 2013春のワーキングホリデー第1回

2013春のワーキングホリデー第1回

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月28日更新

 いよいよ本年度「春のワーキングホリデー」がはじまりました。

「春のワーキングホリデー」がはじまりました

 2日目の4月28日は快晴に恵まれ、絶好の農作業日和。
快晴に恵まれ、絶好の農作業日和 

 朝7時の気温は4℃、それからぐんぐんと気温はあがり、最高気温は20℃と衣服の調節は難しい一日となりました。

 飯田市北部の座光寺地区では桃の摘花をしていました。
桃の摘花

 大阪からお越しのこちらの方、ワーキングホリデー飯田に初参加です。
 地元で家庭菜園の経験がおありとのことですが、「果樹栽培はなかなか体験できないので」と応募されたそうです。大変熱心に作業されていました。

農家さんと見間違うくらいの慣れた様子で作業中

 こちらの農家のお宅では、リピーターの方が、農家さんと見間違うくらいの慣れた様子で作業中です。
 毎年、同じ時期に参加されると、同じ作業となるため、自然と技術が身についてくるのですね。

 どちらの農家さんからも、非常に助かっています、ありがたいですとおっしゃていました。

天竜川の東側、下久堅地区を訪問
 天竜川の東側、下久堅地区を訪問しました。

 新わい化仕立てのリンゴ園で、花摘み作業中です。
新わい化仕立てのリンゴ園で、花摘み作業中

 細やかな手作業である摘花の作業は、女性のみなさんにもお手伝いいただきやすい作業のようです。
細やかな手作業である摘花の作業

 「リンゴの花に囲まれて、山並みも望める、こんな素敵なところで作業ができてうれしいです」
 「細かい作業は大好きです。もやしの根切りも大好きだけれど、お花を見ながらの作業はもっと幸せです」
 女性の視点ならではの感想が聞かれました。

 また、飯田市へのIターンの相談もお受けしました。
農家さんとの交流をとおして、飯田市の暮らしを少しでも体験していただけたらと思います。飯田市には、みなさんのUIターンを応援する専門窓口がありますのでこちらもぜひご覧くだい!UIターンを応援する専門窓口(外部リンク)

 参加者のみなさんは、それぞれに一生懸命、そして明るく、楽しそうに作業されていました。

 凍霜害に繰り返し見舞われ、被害が深刻な今年は、農家さんの気持ちも落ち込んでいらっしゃると思います。
 「ワーキングホリデーに来ていただいて、家の中が明るくなった」「大変な一年になると思うけれど、皆さんが手伝いに来てくれて嬉い」農家の皆さんからそんな言葉をいただきました。

 みなさんの援農が、農作業そのものだけでなく、農家さんにとって心の励ましになっているのですね。
 参加者の皆さん、ありがとうございます。のこり2日間、安全と体調管理に気を付けて、ひきつづき援農を宜しくお願いします。