ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

2013年06月

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年7月3日更新

 レポートが遅くなりましたが、6月のワーキングホリデーの様子をお知らせします。

6月のワーキングホリデーの様子  

 4月に凍霜害に見舞われた南信州・飯田では例年通りのワーキングホリデーの受入が難しい農家さんもありましたが、先月は6名のみなさんにご参加いただきました。

梨の緑枝管理作業中

 こちらでは、梨の緑枝管理作業中。
 空梅雨となった6月上中旬、日差しの強い中でも一生懸命に作業に励まれていました。
 朝夕にはブルーベリーの収穫をお手伝いされたそうです。

 また、別の果樹農家さんへの参加者は、これまで「春のワーキングホリデー」と「秋のワーキングホリデー」にいらっしゃったリピーターの方でした。
 乗用草刈り機では刈りきれない、リンゴの株下の除草をされていました。

 「今年はゴールデンウィークに時間がとれなかったということもあるのですが、春の花摘みや秋の収穫という楽しい時期だけではなくて、農家の皆さんの日々の大変さを知りたいと思いました」と額の汗をぬぐいながら、清々しくおっしゃられたのが印象的でした。

 こちらは、生育中の桃畑です。枝を支えるため、竹の伐り出しからお手伝いされていました。

生育中の桃畑
小さな桃の実ですが、これから枝がしなるほど大きく、重くなります

 今はまだ小さな桃の実ですが、これから枝がしなるほど大きく、重くなります。

リンゴの実も大きく育ってほしいと願うばかりです

 6月後半はやっと雨に恵まれるようになりました。リンゴの実も大きく育ってほしいと願うばかりです。