ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

常間地さん

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年9月1日更新

受け入れ農家のご紹介

飯田市座光寺●常間地さん

果樹栽培・常間地さんに聞きました。

【質問】
 自己紹介をお願いします。

【回答】
 常間地 富男(じょうげんじ とみお)です。飯田市の座光寺で農業を営んでいます。

常間地さんご夫婦
常間地さんご夫婦

農業との関わりについて

【質問】
 何年くらい従事していますか?

【回答】
 44年間です。うちの農家では、私が3代目にあたります。

山の裾野に広がる梨園
山の裾野に広がる梨園

栽培している農作物など

【質問】
 どんなものを作られていますか?

【回答】
 梨やリンゴ、桃、市田柿といった果樹栽培が中心です。約90年前に、先代(祖父)が地域で最初に桃を植えました。

皆さんの割ってくれた薪が燃料です
皆さんの割ってくれた薪が燃料です

お手伝いいただきたい作業内容

【質問】
 参加者の方にお手伝いいただきたい作業内容は何ですか?(春/秋/通年)

【回答】
 春はリンゴや梨の花付け(受粉作業)、桃やりんごの剪定した木の薪割りです(薪ストーブ等に活用)。
 夏は桃の収穫や草刈り、リンゴや梨の摘果です。
 冬は柿の干し場の整理などがあります。1年中、何かしらの仕事があります。
 春に来た人は、自分の作業結果を知りたいので、秋にも来られることが多いです。

椎茸も栽培しています
椎茸も栽培しています

参加を考えている方へ

【質問】
 参加者の方に一言お願いします

【回答】
 ワーキングホリデーを通じて、飯田の良さを知ってもらうきっかけになれば嬉しいです。何回か「ワーキング~」に来た人とは、親戚のようなおつきあいをさせてもらっています。中には南アルプスへの登山目的で来て、天候を見ながら、その間うちで働いている人もいます。

参加者が記入した思い出ノート
参加者が記入した思い出ノート