ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 募集・採用 > ワーキングホリデー飯田 > 令和3年度 ワーキングホリデーについて

令和3年度 ワーキングホリデーについて

ページID:0070259 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月30日更新
 昨今の状況では、新たな感染者は途絶えることなく変異株ウイルスの感染も大都市圏では多く見られ、まん延防止措置も適用されるなど、新型コロナウイルス感染症の拡大に向けた警戒が必要な状況に変わりはなく、感染状況を注視する必要があります。
 このような状況を踏まえ、本年度のワーキングホリデー事業は、下記の基本事項に基づき春の事業は中止、秋の事業からすすめてまいります。

【基本事項】
1.市が主催するワーキングホリデーは管外からの参加者の農家における宿泊、食事提供等を含む事業であるため、参加者及び受入農家の健康・安全を第一に考え、感染拡大防止のとして、春のワーキングホリデー事業は中止し、秋の事業から再開予定とします。
再開の折には、受入農家と個人的な関係が構築されている令和元年に参加したリピーターに限り受入れを行う形で実施をします。
2.新規の参加希望者については、受け入れを予定しません。(新規募集を行いません。)
3.受入れ希望農家がリピーターと直接受入れ調整を行います。
4.参加希望リピーターは県の示す「信州版 新たな旅のすゝめ」の指針に基づき、来訪前の2週間は感染リスクの高い行動(大人数での会食等)を控え、体温や行動歴のメモをとり、来訪時にコロナ抗原定量検査を受検し、陰性であった場合に参加できるものとします。
5.コロナ抗原定量検査を受けた場合には、別途制定する補助金要綱に基づき、検査費用の一部補助を予定しています。(補助対象者は参加経験者に限り、新規の方は対象外です。)

 以上、よろしくお願いします。