ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ワーキングホリデー飯田 > 2015年 秋のワーキングホリデー第1回を開催しました

2015年 秋のワーキングホリデー第1回を開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月28日更新

第1回秋のワーキングホリデーを10月31日(土曜日)~11月3日(祝:火曜日)に開催しました。

柿畑から望む

期間中はほぼ天候にも恵まれ、さわやかな秋晴れの中、全国から51名もの参加者の皆さんに、
18戸の農家を援農していただきました。

この時期、南信州・飯田の多くの農家では、市田柿の収穫、皮むき、吊るしの作業で大変忙しくなります。

柿の収穫

一つ一つ丁寧に収穫します。気を遣いますが、良い自然環境の中で収穫の喜びを
実感されていました。

柿の収穫作業

収穫した柿は、専用の機械を使用して皮をむいた後、

柿むき

こちらも一つ一つ手作業で柿を吊るしていきます。

今年の実は大玉が多いようです。

柿の吊るし

こちらでは、りんご農家さんでの「葉つみ」の作業中です。
葉の陰の部分にもまんべんなく色がつくように、りんごの周りの葉っぱを摘みます。

これと一緒に、陰になっているりんごの反対側に色をつけるため、「玉回し」も行われます。
陽の光がまんべんなく当たるようにりんごを半分回す作業です。

りんごの収穫

一つのリンゴが実るまでに、何度も人の手でお世話されているのですね。

りんごの実

みなさん、作業の大変さと達成感を味わっていらっしゃいました。

交流会

11月2日の夜には、ワーキングホリデー飯田の交流会を開催。

農家さんでの作業の様子を語り合ったり、リピーターの方はお知り合いの農家さんや、以前ご一緒だった
参加者さんとの会話が弾んでいました。

第1回秋のワーホリに参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

今後も多くの援農ボランティアへの参加を心よりお待ちしております。