ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 福祉課 > 特別児童扶養手当

特別児童扶養手当

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年4月17日更新

特別児童扶養手当

 重度若しくは一定以上の身体障害または知的障害や精神障害がある児童(20歳未満)を養育している場合、その父母または養育者に対して支給されます。

 障害の程度によりこの手当の1級、2級の月額が定められており、年3回(4月、8月、11月に前4か月分)に分けて支給されます。

 該当する障害程度は、国民年金法1級、2級程度の障害のある児童で身体障害者手帳1級から4級と5級の一部、または療育手帳A及びB1までがおおむねの目安となります。所定の診断書により該当する場合もあります。

 ただし、児童が福祉施設に入所された場合は資格喪失となります。また、父母や世帯員の前年の所得が一定の額を超える場合は支給停止となります。

 詳しくは、福祉課障害福祉係へお問い合わせください。