ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 子育て支援 > 長野県労働金庫飯田支店様より、ろうきんオリジナル紙芝居「いつもとちがう かえりみち」を寄贈いただきました

長野県労働金庫飯田支店様より、ろうきんオリジナル紙芝居「いつもとちがう かえりみち」を寄贈いただきました

ページID:0086976 印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月15日更新
 令和3年10月13日(水曜日)、長野県労働金庫飯田支店 運営委員長 林 豊様から創立70周年記念として、長野県立大学と協力し「はたらく」をテーマとしたオリジナル紙芝居を市内の保育所等(46.施設)にご寄贈いただきました。
 この紙芝居を通じて、「はたらく人への感謝の心」や「はたらくことの尊さ」を園児に伝えたいとの思いが込められています。
林様から佐藤飯田市長へ 贈呈風景
 ご寄贈いただきましたオリジナル紙芝居「いつもとちがう かえりみち」につきましては、市内全46施設(私立保育園18園(2分園含む。)、公立保育園及び児童発達支援センター17園、幼保連携型認定こども園6園、保育所型認定こども園1園、地方裁量型認定こども園1園、事業所内保育施設3園)に配布してご活用させていただきます。
 また、贈呈式には、市内保育所等の園児を代表して、丸山保育園の年長児11人も参加し、お遊戯によるお礼がありました。
記念撮影(丸山保育園園児を囲んで)