ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 子育て支援 > 信南交通労働組合様と長野県労働金庫様よりランチボックスを寄贈いただきました

信南交通労働組合様と長野県労働金庫様よりランチボックスを寄贈いただきました

ページID:0097325 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年7月29日更新
 令和4年7月26日(火曜日)、信南交通労働組合 執行委員長 小石峯 敏彦 様、長野県労働金庫 飯田支店長 石井 仁朗 様から、公共交通への関心を持っていただくとともに、食べることへの楽しみの一つとしてご利用いただければという思いから、クリーム色に赤色と青色のラインが入った信南交通のバスのイラスト付きランチボックス(535個)を市内保育所等に通所するお子さんにご寄贈いただきました。
 社会福祉法人たちばな会の飯田仏教保育園様に会場をお借りして、市内保育園等を代表して、園長先生と0・1歳児クラスの皆さんに受け取っていただきました。
信南交通労働組合様、長野労働金庫様から飯田仏教保育園の園児へ 贈呈風景
 ご寄贈いただきました「ランチボックス」につきましては、市内39施設(私立保育園15園、幼保連携型認定こども園6園、保育所型認定こども園2園、地方裁量型認定こども園1園、事業所内保育施設3園、公立保育園12園)に配布しました。
 また、市内保育園等の園児を代表して、飯田仏教保育園の年中児さんから、お歌(バスごっこ)のお礼がありました。
記念撮影(飯田仏教保育園園児・先生を囲んで)