ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > まちづくり > 定住自立圏 > 南信州定住自立圏追加協定(図書館ネットワークシステム)の締結

南信州定住自立圏追加協定(図書館ネットワークシステム)の締結

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年1月17日更新

南信州定住自立圏形成協定の追加協定(図書館ネットワークシステム)を締結しました

松川町・高森町と締結した協定書の写真
松川町・高森町と締結した協定書の写真

 平成22年12月27日、飯田市は松川町及び高森町と、定住自立圏形成協定の追加協定を締結しました。
 今回追加協定として締結した事項は、図書館ネットワークシステムです。
 この協定により、それぞれの図書館が所蔵する図書等の資料の情報が共有され、この情報を利用することができる図書館ネットワークシステムが構築・運用されることとなります。
 当面は、現在のシステムが更新時期を迎えている1市2町による導入となりますが、圏域内の他の町村も随時参加することが可能なシステムとなっています。
 平成23年7月1日稼働を目指し、今後システム構築を行います。

関連ファイル

高森町と締結した協定書(PDFファイル/8KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)