ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > まちづくり > 定住自立圏 > 南信州定住自立圏形成協定の追加協定を締結しました

南信州定住自立圏形成協定の追加協定を締結しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年10月13日更新

集合写真
集合写真

 平成22年10月12日、飯田市は下伊那郡の13町村と、定住自立圏形成協定の追加協定を締結しました。
 今回追加協定として締結した事項は、病児・病後児保育事業です。
 平成22年4月より飯田市が市内の小児科を有する民間病院へ委託・実施している事業を、町村の皆さんにも利用いただけるようにしたものです。
 今回の追加協定によって、同事業が圏域内の子育て支援の柱の1つとして、仕事を持つ保護者の負担軽減を図り、前向きな子育てのための一助となれば幸いです。

関連ファイル

松川町と締結した協定書(PDFファイル/7KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)