ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 福祉・介護 > 高齢者 > 総合事業に係る平成30年10月1日施行の加算の届出について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > ライフステージ > 高齢者・介護 > 総合事業に係る平成30年10月1日施行の加算の届出について

総合事業に係る平成30年10月1日施行の加算の届出について

ページID:0059062 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月19日更新

総合事業に係る平成30年10月1日施行の加算の届出について

 平成30年10月1日から、介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)における介護報酬改定が施行されることとなりました。
 詳細については、国からの通知等をご覧ください。

国からの通知等

届出について

 今回、届出が必要なサービス種別・加算については、次の表のとおりです。
 また、届出の際は、変更届出書及び介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制等状況一覧表に必要書類を添えてください。
 なお、新たに届出がない場合は「なし」とみなします。
サービス種別 加     算

サービス種別・加算について

通所型サービス 生活機能向上連携加算

変更届出書及び介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制等状況一覧表の様式

生活機能向上連携加算の届出に必要な書類について

通所型サービスにおいて、新たに算定するときは次の書類を添えて提出してください。

生活機能向上連携加算の添付書類

理学療法士等の資格を証明する書類 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医師の資格証等の写し
協力医療提供施設との協定書等の写し 指定訪問リハビリテーション事業所または指定通所リハビリテーション事業所若しくはリハビリテーションを実施している医療提供施設との協定書等の写し
 その他の算定要件(利用者の身体の状況等の評価及び個別機能訓練計画の作成や記録等)については、今後、実地指導等で指導を行っていく予定です。その時に算定要件を満たしていないことが判明した場合、遡っての減算になる可能性がありますので、十分に注意してください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)