ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・生活 > 感染症・予防接種 > 風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)について
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 健康・医療・生活 > 健康・健診 > 風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)について

風しんの追加的対策(抗体検査・予防接種)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月1日更新

風しんの予防接種は、現在、予防接種法の規定に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、風しんの抗体保有率が他の世代に比べて低く(約80%)、平成30年7月以降、この年代を中心に風しん患者数が増加しています。

そのため、この方たちを対象に令和4年3月31日までの3年間、全国で原則無料で風しんの抗体検査と定期予防接種を実施します。

対象者はクーポン券(シール)を利用して抗体検査を受けていただき、その結果十分な抗体がない方は定期予防接種を受けてください。

対象

飯田市に住所がある昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性

実施期間

令和4(2022)年3月31日までの3年間です。

風しんの抗体検査等を受ける手順

1 クーポン券が届きます

対象者のうち昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた方には昨年度にお送りしています。

昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた方には、2020年4月頃お届けする予定です。

飯田市から転出した方は、飯田市のクーポン券は使えませんので転出先の市町村でクーポン券の発行を依頼してください。また、紛失等により再発行を希望する方、飯田市に転入された方にはクーポン券を発行しますので保健課までご連絡ください。

※昨年度クーポンをお送りした(昭和47年4月2日から昭和54年4月1までの間に生まれた)方のクーポンの有効期限が2020年3月31日となっていますが、有効期限を2021(令和3)年3月31日と読みかえて、そのまま使用できます。

2 風しんの抗体検査を受ける(無料)

風しんに対する抗体が十分かどうかを調べるために、まずは風しんの抗体検査を受けてください。

抗体検査は次の場所で受けられます。事前にクーポン券を持っていることを伝え、検査を受けることができるか確認してから受診してください。

・事業所において定期に実施する健康診査

・国民健康保険の特定健診 

・実施医療機関
  飯田下伊那実施医療機関(令和2年5月1日現在) (PDFファイル/63KB)

  医療機関等のリストは、厚生労働省ホームページに掲載されています。他地域の医療機関や最新情報についてはそちらをご確認ください。
  実施医療機関(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

受診当日は必ず「クーポン券」と「自動車運転免許証等の本人確認書類」をお持ちください。

3 風しんの予防接種を受ける(無料)

抗体検査を受けて、十分な量の抗体がないと判断をされた方は、麻しん風しん(MR)混合ワクチンの接種を受けてください。

接種当日は必ず「抗体検査の結果」と「クーポン券」と「自動車運転免許証等の本人確認書類」をお持ちください。

なお、ワクチンの在庫の状況により、すぐに接種を受けることができない場合もありますので、予防接種を受ける際は必ず事前に実施医療機関に確認をしてください。

抗体検査を受けずに予防接種を受けた方は助成対象外となります。接種費用は自己負担となりますのでご注意ください。

関連リンク

風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)

妊娠を希望されている女性と風しん抗体価の低い妊婦等の配偶者・同居家族の風しん抗体検査について

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)