ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】オンライン授業の徹底を

ページID:32021247 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月12日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

今年の休校では、オンライン授業をしてくれたのでとても助かりました。オンラインにより、先生は子どもたちの顔を見る事ができるし、子どもたちも友人と話せてよかったです。
ただし学校によっては、未だにプリントの所もあったようです。どうして全学校で準備をするようにできなかったのでしょうか。
登校拒否の子どものためにもなると思いますので1日でも早く対応してください。

 

市からの回答

飯田市教育委員会は、新型コロナウイルス感染拡大により学校が休校となった際も、児童生徒の学びの継続や先生等とのつながりが持てるよう、1人1台の学習用端末の導入や学校ネットワーク整備など、ICT教育の環境整備を進めてきました。

また、ICTを効果的に活用した教育活動が実施できるよう、先生を対象とした研修会を通じて指導力の向上に取り組んできました。

これらの取組により、休校中も多くの学校、学級において、それぞれ工夫しながらオンライン授業に取り組みました。休校中のオンライン授業に関するアンケート調査では、多くの児童生徒、保護者、先生がオンライン授業を肯定的に受け止めており、休校時の学習手法としての有効性を改めて確認したところです。

しかしご指摘のとおりオンライン授業は、学校や学級間で取組の差があります。今後はすべての学校、学級においてオンラインでの授業等が実践できるよう、オンライン授業の実践事例を学校間で共有するなど、更なる推進に向け引き続き取り組みます。

 

ご案内

回答の担当課 

学校教育課