ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > 市政 > 各種計画 > 地域経済活性化プログラム2020を発表しました

地域経済活性化プログラム2020を発表しました

ページID:0068912 印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月18日更新

地域経済活性化プログラム2020

 令和2年2月18日に記者会見を行い、地域経済活性化プログラム2020を公表しました。

 

 安定した暮らしと心豊かで元気な地域を実現していくためには、地域の産業や経済が基盤となりますが、飯田市を取り巻く環境は大きく変化しており、少子高齢化の進展による人口減少時代を迎えるとともに、リニア時代に対応した地域像の具現化が求められています。

 産業の担い手が不足する中で、地域の活力維持向上につなげるためには、若い世代の定着を図り、地域が持続していくことができる経済的な自立が必要不可欠です。また、こうした取り組みは、国連が提唱している「持続可能な開発目標」SDGsの推進にも合致しており、持続的な成長につながることを意味しています。

 このため、地域経済活性化プログラムでは、地域経済を分析し「経済自立度という地域共通の目標となる指標を位置付けるとともに、地域が安定的に自立できる値として、経済自立度70%を目標に掲げています。

 地域経済活性化プログラムは、さらなる経済自立度の向上に向け、産業界をはじめ金融機関や行政等との連携により、地域全体で取り組んでいくために策定するものです。

 

 地域経済活性化プログラム2020の主な内容は次のとおりです。

【 地域経済活性化プログラム2020 の内容構成 】

 ○ 地域経済活性化プログラム

 ○ 飯田市における景況見通し

 ○ 地域経済活性化プログラム2020

   各産業分野の取組

    雇用・労政・人材誘導分野、製造業分野、農業分野、森林・林業分野、観光分野、商業分野、金融・起業支援分野

   分野を横断する課題

    人材確保、事業承継支援 

 ○ 地域経済波及分析

   平成29年経済自立度の確報値、平成30年、令和元年の経済自立度推計値

 ○ 飯田市下伊那の産業構造の特徴、各産業分野の統計分析

 関連ファイル

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)