ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 農林水産業 > 高温に対する熱中症対策及び農作物等の管理について

高温に対する熱中症対策及び農作物等の管理について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月27日更新

連日、暑い日が続いております。

農作業中の熱中症による死亡者数は、毎年20人前後で推移し、7、8月に70代以上の方が屋外作業を行うときに多く発生しています。また、例年、5、6月にも、ビニールハウス内等での作業中に熱中症による死亡事故が発生しています。

農業従事者の中には熱中症の具体的な症状が分からず、知らず知らずに熱中症にかかっている方が多くいます。特に高齢農業従事者は脱水しやすいため、こまめな水分と塩分の補給や休憩を周囲の方が協力して声かけを行う等、対策を行いましょう。

また、農作物についても高温に対する適切な管理が必要となります。

添付の「高温に対する農作物等の管理について」をご参照いただき、対応をお願いします。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)