ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 農林水産業 > 飯田市新規就農者支援事業

飯田市新規就農者支援事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月1日更新

飯田市での新規就農者の定着を促し農業の振興を図るため、就農に向けた研修を受ける方や、新たに農業経営を開始した方を支援します。

1 研修費助成事業

長野県の里親研修を受ける方の生活支援のため研修費を助成します。

長野県新規就農里親制度 (PDFファイル/306KB)

補助金額

月額40,000円

補助要件

・ 飯田市内に居住していること。

・ 里親研修制度にのっとって研修を開始した者であること。

・ 認定新規就農者であること。【※】

・ 国の農業次世代人材投資資金(外部リンク)(準備型)の交付を受けていないこと。

・ 里親研修終了後、1年以内に飯田市内で営農を開始して3年以上営農を継続する見込みであること。

【※】 認定新規就農者

飯田市から青年等就農計画の認定を受け、その計画に基づき主体的に農業経営を行う青年等

 

2 新規就農者就農時支援事業

里親研修等を修了して就農した際に、当面の農業経営及び生活資金を助成します。

補助金額

1人1回 350,000円

年間150日以上農作業に従事する配偶者と共に就農した場合 450,000円

補助要件

・ 里親研修又は一定の農業研修を修了したと市長が認めた者であること。

・ 認定新規就農者であること。【※】

・ 農業経営を開始して1年以内であること。

・ 下記 『3 農業後継者就農時支援事業』の補助金を受けていないこと。

・ 3年以上飯田市に住所を有して農業経営すること。

 

3 農業後継者就農時支援事業

農家の後継者が就農した際に、当面の農業経営及び生活資金を助成します。

補助金額

1人1回10万円

補助要件

・ 主として農業で生計を立てている世帯の後継者であること。

・ 就農時に満40歳未満であること。

・ 農業経営に年間150日以上従事していること。

・ 飯田市内で1年以上の営農経験があり、3年以上、市内で営農を継続する見込みであること。

 

4 農地賃借料助成事業

農業経営開始から3年を経過するまでの農地賃借料を助成します。

 補助金額

年額85,000円以内

補助要件

・ 上記 『2 新規就農者就農時支援事業』の補助金を受けた者であること。

・ 農業経営のための農地を賃借している者であること。

・ 国の農業次世代人材投資資金(外部リンク)(経営開始型)の交付を受けていないこと。

 

5 住居費助成事業

研修期間中及び就農後の住居に係る賃借料を助成します。

ア 農業研修を開始した時から2年間

補助金額

月額20,000円以内

補助要件

・ 県の里親研修または市長が認める農業研修を受ける者であること。

イ 農業経営を開始した時から3年間

補助金額

月額10,000円以内

 補助要件

・ 上記 『2 新規就農者就農時支援事業』の補助金を受けた者であること。

・ 認定新規就農者であること。【※】

・ 国の農業次世代人材投資資金(外部リンク)(経営開始型)の交付を受けていないこと。

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)