ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 農林水産業 > 農作業機付き農耕トラクタの公道走行について

農作業機付き農耕トラクタの公道走行について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年11月22日更新

農耕トラクタへ直接装着できる農作業機(ロータリー、ハロー、直装式ブームプレーヤ等)を装着したまま、公道を走行することができるようになりました。

公道を走行するには、一定の条件が必要です。

・灯火器類の確認をしてください。

農作業機を装着しても、灯火器類(方向指示器、後部反射器、前照灯、車幅灯、尾灯、制動灯、後退灯)が、他の交通から確認できることが必要です。農作業機を装着した状態で、農耕トラクタの前方や後方から灯火器類の取付け状態を確認しましょう。

・車両幅の確認をしてください。

農耕トラクタ単体で、長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下、かつ最高速度15km/h以下の場合、農作業機を装着した状態で、車両の幅が1.7mを超えないか確認しましょう。

・安定性の確認をしてください。

農作業機を装着することで農耕トラクタの安定性(傾斜角度)が変わるため、安定性の保安基準(30度または35度)を満たせなくなる場合があります。その場合は、走行速度15km/h以下で走行しなければなりません。

農耕トラクタを作業機の組合せによる安定性の確認結果については、(一社)日本農業機械工業会のホームページで公表しています。安定性が確認されたものについては、15km/h以下での走行制限はありません。

・免許の確認をしてください。

小型特殊・普通免許で運転が可能なものは、農耕トラクタ単体または農耕トラクタに農作業機を装着した状態での寸法が、長さ4.7m以下、幅1.7m以下、高さ2.0m以下(安全キャブや安全フレームの高さ2.8m以下)を満たす必要があります。このため、農作業機を装着することにより、この寸法を超える場合には、これまでどおり大型特殊免許が必要です。なお、車検制度上では、この寸法を超えても大型特殊には該当しないため、車検は必要ありません。

詳細については、農林水産省ホームページ「作業機付きトラクターの公道走行について(外部リンク)」をご覧ください。

 

参考

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)