ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 事業者向け情報 > 産業 > 農林水産業 > トマトの病気のまん延防止にご協力ください

トマトの病気のまん延防止にご協力ください

ページID:0091775 印刷用ページを表示する 掲載日:2022年3月14日更新

トマトの生産に甚大な被害を与えるトマトの病気(トマト黄化葉巻病)が南信州管内で発生しています。

この病気がまん延するとトマトの安定生産が行えなくなってしまうため、地域で一体となってまん延防止に取り組む必要があります。

農家の皆さま、家庭菜園でトマトを栽培されている皆さま、疑わしい症状が見られたら、長野県南信州農業農村支援センターまたは飯田市農業課までご相談ください。

早期発見、早期対応で地域を守りましょう!

具体的な症状

〇葉が黄色くなって、巻いたり縮れたりする。

〇生育が止まり、花や果実がつかなくなる。

〇発病した株から、周りの株へと伝染していく。

※ 発病すると治すことができません!

発病株

病気の伝染

この病気はタバココナジラミという小さな虫(1mm以下)が媒介します。一旦ウイルスを保毒したタバココナジラミは死ぬまで伝搬能力があります。

この虫は、トマト以外にも、きゅうりやなすなど、多くの野菜・花・雑草で増殖します。

タバココナジラミ幼虫    タバココナジラミ成虫

病気を確認したら

疑わしい表情を確認したら、まずは長野県南信州農業農村支援センターまたは飯田市農業課までご相談ください。

1.感染したトマト株の抜き取り処分

感染したトマト株は、重大な伝染源となります。速やかに株を抜き取り、透明のビニール袋に入れ、日光に当てて高温にして虫を死滅させてから、土に埋めて処分してください。

2.タバココナジラミの防除

タバココナジラミをトマトや周辺の野菜、花で見つけたら、農薬販売店と相談のうえ、防除してください。

3.畑の片づけや除草

タバココナジラミを減らすため、収穫後の野菜株や咲き終わった草花、雑草を放置せず処分することや、畑周辺の除草(雑草の除去)をお願いします。

参考

トマト黄化葉巻病出荷者用チラシ(長野県南信州農業農村支援センター) (PDFファイル/477KB)

病害虫発生予察地区報(地区注意報)第2号(長野県病害虫防除所) (PDFファイル/188KB)

問い合わせ先

長野県南信州農業農村支援センター技術経営普及課

 TEL:0265-53-0436

飯田市農業課

 TEL:0265-21-3217

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)