ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 住宅・交通 > 道路・河川・公園 > 河畔林整備事業を実施しました

河畔林整備事業を実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月31日更新

 長野県森林づくり県民税を活用して河畔林整備を実施しました。

経過

 飯田市では長野県森林づくり県民税(以下、県民税という)を活用して、 防災・減災を目的とした里山整備などを積極的に進めています。

 そのなかで荒廃した河川周辺の立竹木は豪雨時に河川を閉塞し洪水の心配があることから、手入れが不十分な河川周辺の森林(河畔林)を間伐等の森林整備を実施することで、治山・治水上支障となる可能性の高い河川の災害防止や森林環境の保全に努める必要があります。

平成30年度から第3期県民税がスタートし、飯田市管理の河川において、河畔林整備事業を進めることとなり、平成30年度は飯田市毛賀、松尾代田及び鼎名古熊地区に隣接する準用河川「北の沢川」沿いの森林において、河川管理上支障となっていた倒木及び支障木の除去、除間伐を実施しました。

 

計画の概要

  • 事業名:平成30年度河畔林整備事業(県民税活用事業)
  • 事業箇所:飯田市 北の沢川 L=約350m
  • 事業内容:除間伐A=1.61ha、支障侵入竹の除去A=1.11ha

関連ファイル

H30河畔林整備事業北の沢川写真 (PDFファイル/781KB)

長野県森林づくり県民税について(長野県公式HP)https://www.pref.nagano.lg.jp/rinsei/sangyo/ringyo/shisaku/kenminze/kenminzei.html(外部リンク)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)