ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 地区情報 > 地区情報 > 羽場 > 令和元年度 羽場地区市政懇談会レポート

令和元年度 羽場地区市政懇談会レポート

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月3日更新

羽場地区で市政懇談会を開催しました

令和元年7月2日(火曜日)午後7時から羽場公民館で羽場地区市政懇談会を開催し、120人の方が参加しました。

羽場市政懇談会全体

第1部では牧野市長からの市政経営の方針について説明がありました。
第2部では、地域課題の討議を行い、飯田西中学校生徒と参加者から意見発表がありました。

ここにその一部を掲載します。

リニア時代に向けて自然と伝統文化を守り育てる(飯田西中学校生徒による意見発表)

中学生の発表1人目 中学生の発表2人目 中学生の発表3人目

・登下校ですれ違った地域の方とあいさつを交わしたり、横断歩道で止まってくれた運転手さんに一礼したりすることは、飯田以外の地域ではあまりない。
 リニアが通ってたくさんの人が訪れるようになっても、誰に対してもあいさつを続けていきたい。
・ポイ捨てが多く見られる。ちょっとしたルールでも守れる地域になってほしい。
・通学路に事故が多い場所がある。何か対策を考えた方がいいと思う。
・羽場地区は、きれいな森があっていつもおいしい水が飲めるところが魅力だと思う。
・街灯の数が少なく暗いので、街灯を増やしてほしい。
・中学校の部活をはじめ、何かを続けたいと思っても、現状では実現できないことがこの地域には多いと思う。
 伝統も大切だが、これからの子どもたちに不自由なことがないようにしてほしい。
・ショッピングモールがあれば便利になり、飯田に住む人が増えると思う。
・飯田丘のまちフェスティバルは人を集められるので、もっとPRして大きなイベントにしていくべき。

環境美化重点区域について

環境美化についての発表

羽場の未来構想に基づき、羽場地区の「環境美化重点区域」指定申請の手続きを進めている。
指定された際は、「清潔で花あふれる羽場」実現のため、支援・協力をお願いしたい。

市からの回答

申請の際に作成する計画書など、市としても一緒に作成していく。
指定された後は、活動支援のための補助金交付や、不法投棄パトロールの強化など協力できると考えている。ぜひ活用していただきたい。

飯田南木曽線対策について

飯田南木曽線対策についての発表

飯田南木曽線を、リニア建設事業、松川ダム再開発事業、中部電力の発電所建設事業などで工事関係車両が通行することとなるが、
狭い部分が多いため、以下のことを要望する。

(1)飯田南木曽線と箕瀬大休線が接続する三叉路は、改良に向けて進んでいる。引き続きJR東海と共に進めていただきたい。
(2)県によるJA砂払支所前の用地取得を、できることがあれば県に協力して、車両の通行量が多くなる前に確実に完了させてほしい。
(3)多摩川精機西側交差点西の狭い区間については、拡幅について県へ要望願いたい。

市からの回答

(1)リニアのトンネル掘削工事までに、見通し確保に向けてJR東海をはじめ関係者と引き続き協議を進めていく。

(2)長野県により関係者と交渉が行われており、リニアのトンネル掘削工事までには解消されるよう手続きを進めていくと聞いている。
 市としても早期解決に向けて引き続き県に要望していく。

(3)以前から地区要望を受け、同盟会から飯田建設事務所長へ拡幅要望を行っている。
 狭い区間は共有地となっており、今後も拡幅に併せ用地問題の解決に向けて要望していく。

お知らせ

■8月28日まで各地区で市政懇談会を開催しています。それぞれ、お住まいの地域へ、ぜひご参加ください。

 市政懇談会開催日程

■他地区のレポートはこちら(令和元年度市政懇談会レポート)