ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 地区情報 > 地区情報 > 橋南 > 令和2年 橋南地区まちづくり委員会のみなさんと市との懇談会レポート

令和2年 橋南地区まちづくり委員会のみなさんと市との懇談会レポート

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年7月10日更新

橋南地区でまちづくり委員会の皆さんと市長らが懇談

令和2年7月10日(金曜日)午後7時から飯田市役所で橋南まちづくり委員会の皆さんと市長らの懇談会が開催されました。

まず、牧野市長から市政経営の方針について説明がありました。その後行われた意見交換を通じて、地域の課題やそれに対する市の取組状況などを共有しあいました。

空き家・空き店舗マップ説明

空き家・空き店舗を活用したテレワーク施設について

○魅力チャレンジの街部会から

・昨年度、空き家・空き店舗の調査を行い、一覧表の作成と住宅地図の落とし込みを行った。

 (写真左は当日、空き家・空き店舗マップを紹介している様子)

・今年度は先進的な推進地区の視察研修を行い、テレワーク、サテライトオフィスの導入について調査、研究を行う。

・豊橋技科大シャレットワークショップと連携した居住空間と街並みのデザインを検討し、都市との交流人口拡大を図りたい。

・行政には銀座2丁目で計画している再開発事業の計画実行に対する具体的な支援と、中心市街地でのテレワークオフィス開設・運営について支援していただきたい。

○市から

・テレワークや都市型集合住宅の研究については重要な取組であると認識している。関連する研究について、これからも地域と一緒に進めていきたい。

応急避難所の設置と公民館の移設について

○自治力でくらしやすい街部会から

・公共的施設1カ所(飯田商工会館)をモデルとして施設所有者、まちづくり委員会、市の3者協定を締結したい。

・公民館のりんご庁舎への移設要望に関して、具体的な協議と移設に向けた支援を依頼する。併せて児童クラブの施設についても老朽化が進んでおり、立て直しや公民館と一緒に移転を検討していただきたい。

○市から

・市としても、災害リスクを分散することは大変重要であると認識している。施設所有者の了解が前提となるが、協定締結に向け、皆さんにもご協力をお願いしたい。

・新型コロナウイルスの関係もあり、避難所のあり方も見直しが迫られている。新たな生活様式に対応した避難所のあり方についても共に考えていきたい。

・公民館の移設については去年の12月に要望書を提出していただいており、地域の総意として真摯に受け止め、共に考えていきたい。

りんご並木を中心とした回遊的な観光の仕組みづくりについて

○城下町とりんご並木の街部会から

・りんご並木と動物園などの文化施設を回遊してもらえる観光の仕組みづくりを進めていく。今後エコハウスを活用した事業を展開していきたい。

・行政には動物園や川本人形美術館などと連携した事業展開を支援願いたい。

○市から

・りんご並木やエコハウスを拠点とした具体的な取組は非常に重要であり、支援できるように庁内関係課と調整して考えていきたい。