ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 地区情報 > 地区情報 > 東野 > 平成28年度 東野地区市政懇談会レポート

平成28年度 東野地区市政懇談会レポート

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月1日更新

東野地区で市政懇談会を開催しました。

平成28年6月28日(火曜日)午後7 時から東野公民館で東野地区市政懇談会を開催し、80名が参加しました。
牧野市長から「市政経営の方向と課題(東野版)」 (PDFファイル/4.73MB)を説明した後、東野地区の地域課題について東野まちづくり会議から発表がありました。その後、参加者の皆さんとフリートーク形式で意見交換を行いました。
ここにその一部を掲載します。

東野地区市政懇談会
 

地域の課題について(東野まちづくり会議 )

(1)桜並木の整備について(大宮通り桜保存会長)

桜並木は りんご並木とあわせて中心市街地のシンボル。「大宮通り桜祭り」などソフト事業も充実してきている。
現在、大宮通の交通量調査を行い、歩行者と桜に優しい道路空間の創出を検討している。また、一部の桜に関して内部診断が進み、A・B・C(残す、残さない)の判定結果もわかってきた。意外に残す桜が多い。
桜並木の将来に向かって、桜並木整備計画(素案)が出来ているので、実現に向けて、引き続きご協力を願いたい。
なお、内部診断が終わっていない桜についても、早めの診断を。

市長からの回答

地元の皆さんが桜並木の保存に関してご尽力いただいており、感謝申し上げる。
りんご並木と同様に、桜並木の整備は時間を掛けるべき大きな事業と認識している。東野地区基本構想に沿った計画になるように、引き続き、地元の皆さんと一緒に進めていきたい。

市からの回答

歩行者に優しい道路として整備するためには、社会実験やパブリックコメントを聴いて検証していく必要がある。そのような過程を経ながら整備計画を作っていく。桜の内部診断に関しては、診断方法の検討も含めて、整備計画の進捗に合わせて進めていきたい。

市からの回答

(2)東野地区基本構想策定に向けて(東野まちづくり会議 総務委員長)

東野地区基本構想の策定に向けてスタートした。今後、策定委員会を発足させ、来年度の市政懇談会に素案を発表したい。平成24年度に行った東野地区住民アンケートの結果や「支え合いマップ」の訪問調査の結果、東京大学の公民館アンケートの結果、市の総合戦略の地区別懇談会の報告などを参考にしていきたい。
基本構想を策定するにあたって、他地区の参考事例などアドバイスを願いたい。

市長からの回答

東野地区の皆さんの基本構想策定に向けた取り組みに敬意と感謝を申し上げる。
各地区の考え方や取り組みに違いがあるので、東野地区の皆さんが議論する中で基本構想の方向が決まってくると思う。

副市長からの回答

「リニアが通る、三遠南信が通る」から、飯田ならではのことが出来るという考え方もあるが、それだけではなく、この地域は大火や三六災から復興してきた「地域の力」が基礎にあるからこそ色々な取り組みが出来るのだと感じている。東野地区も諸先輩方の過去の歩みを掘り下げてみると将来に繋がる議論になると思う。

フリートーク

風越高校周辺の防犯対策について(生活安全委員会)

宮ノ上地区では、不審者情報が絶えない。地区としては、防犯パトロールもしているが、何かあってからでは遅いので、防犯対策を検討して欲しい。防犯カメラの設置と維持管理を希望する。

市からの回答

生活安全委員の皆さまには、常日頃、安心安全のためのパトロール活動などに協力いただき、感謝申し上げる。
防犯カメラは、街中では増えてきているが、住宅地ではプライバシー・肖像権等の課題があるのでハードルが高い。今後も検討していくが、防犯対策に関しては、地元の皆さんと情報を共有しながら、警察や学校とも連携をとっていきたい。

東野大獅子を保管する館の建設について (東野大獅子の会)

今年は、飯田お練りまつりと全国植樹祭で演技を披露した。東野大獅子は歴史的、文化的に価値があるが、大獅子を1ヶ所で保管する場所がない。保管する館を作りたいので、支援協力を願いたい。

市長からの回答

南信州広域連合では、長野県と一緒になって伝統文化芸能を守る取り組みを始めている。行政としても伝統芸能を保存するために役割を果たしていきたいと考えている。

飯田型教育について(参加者の声)

教育長さんはIT教育で実績を上げられたと聞いている。飯田型の教育(小中の連携)とIT教育の関連は?

教育長からの回答

子供が減少して来ている中で、切磋琢磨する環境が減っていることは大きな課題と認識している。武雄市では、小さな学校でも情報通信技術を活用して海外の学校と交流し、切磋琢磨と多様性がある環境を整えることが出来た。飯田市が目指している飯田型の教育では、9ヶ年を見越して、段階的に情報通信技術を活用することが大切であると考えている。子供の成長段階に応じて情報通信技術を活用するプログラムにしていきたい。

参加者の声

 

お知らせ

 

 7月27日まで各地区で市政懇談会を開催しています。それぞれ、お住まいの地域へ、ぜひご参加ください。市政懇談会開催日程 (PDFファイル/36KB)

 他地域のレポートはこちら(平成28年度市政懇談会レポート)からどうぞ。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)