ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 地区情報 > 地区情報 > 伊賀良 > 平成28年度 伊賀良地区市政懇談会レポート

平成28年度 伊賀良地区市政懇談会レポート

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月25日更新

伊賀良地区で市政懇談会を開催しました。

平成28年7月21日(木)午後7 時から伊賀良公民館で市政懇談会を開催し、116名が参加しました。
橋部秀夫 伊賀良まちづくり協議会会長の挨拶に続いて、牧野市長から「市政経営の方向と課題」 (PDFファイル/4MB) を説明した後、伊賀良地区基本構想(2011-2020)が後期の5年を迎えることから、委員会ごとに今後の課題などを発表し意見交換を行いました。

会場の様子

まちづくり協議会会長(自治企画委員会委員長)

組合加入率の低下の問題について

組合加入率の低下は全市的な課題と思うが、転入者の多い伊賀良地区は、特に課題となっており、組合加入率が62.3%まで年々低下してきている。現状のままでは限界を感じる。組合加入の義務化や、未加入者情報の提供など、さらに踏み込んだ施策ができないか。

遊休農地について

伊賀良地区は、地形的にも恵まれ市内1位の農業生産高である。しかし、後継者不足や経営不振などにより遊休農地が増加の一途である。TPPなど農業を取り巻く国の制度の転換を迎える中、これからの需要にあった遊休農地の活用について考えを聞きたい。

活性化委員会委員長

沢城湖の活用について

伊賀良地区では、沢城湖・梅ヶ久保・佐倉公園を西部山麓として、森林に親しむイベントの開催や草刈り作業等、地区を上げて環境整備活動を行っている。リニア中央新幹線や三遠南信道路の開通により、観光客の増加が見込まれる中、沢城湖の観光戦略について伺いたい。

安全委員会委員長

小学校周辺の安全対策について

昨年、飯伊では初めて伊賀良小学校周辺の通学路にゾーン30規制が実施されたが、伊賀良小学校周辺の通学路は、歩道と車道の区別がないくらい狭い場所が多くある。路面にグリーンベルトの舗装工事をしていただきたい。また、飯田インター西交差点にはガードレールがなく危険であるため設置を要望する。

健康福祉委員会委員長

見守り支え合いの仕組みづくりについて

市では、地域福祉計画策定の中で、「見守り支え合いの仕組みづくり」が重点事業として掲げている。それに基づき健康福祉委員会では支え合いマップの作成を担っている。マップを活用し、日常的な見守りを実施していくには、組合の加入率が6割で、規模の大きな伊賀良地区では大変である。また委員の任期が2年であることや、仕事を持ちながらの活動のため限界を感じており、今後どういった形で見守り支え合いの仕組みづくりができるのかお伺いする。

環境委員会委員長

地域住民参加の環境美化の推進について

ごみ集積所に、分別が不適切だったり、集積日以外に出す人がいる。このような行為をする人は、集積所当番を行わない人が多いと思われる。行政と協力して組合加入促進を行いたい。また、高齢化が進みごみ出し支援の問題も出てくる。

中央道の側道や法面の美化について

法面の樹木が大きくなり側道まで枝が伸びている場所や、落ち葉で側溝が詰まってしまう場所、ごみが散乱している場所もある。ポイ捨てもなくなるよう、法面・側道の美化を進めてほしい。

公民館長

ICT教育について

公民館では地域を担う人づくりに取り組んでいる。今後さらに小中連携・一貫教育の推進と飯田コミュニティースクールの推進について邁進していきたいと考えているが、今日はICT教育の活用について、教育長の方針を伺い地域の皆さんと共有したい。

ひまわり子ども委員会委員長

ミニキャンプ実施にともなう手洗い場等の整備について

ひまわり子ども委員会では、学校・家庭・地域の連携を深めるため、伊賀良小学校でミニキャンプに取り組んでいる。同中学校区である山本地区にも呼びかけ参加者が増えている。事業を実施するにあたり、現状の設備では、有効な炊飯作業が困難となっている。さらに排水が汚水管に接続されずに、側溝に流れているため衛生上問題がある。また、雨天時も実施するため屋根付きの手洗い場の設置を要望する。

市長の回答

各委員会の質問に総括的にお答えする。組合未加入の問題は、健康福祉やごみ出しなど生活のさまざまな場面で幅広くベースとなる課題と捉えている。組合加入率を上げるための取り組みは、これまでもさまざま形で考えているがこれからも考えていく。国レベルで自治組織のあり方が議論されているが、まちづくり委員会は任意団体の位置づけであり、法令で義務化することはむずかしい。市としては転入の際、加入の案内などをしているが、さらに組合の必要性を伝えるなど加入促進をしていきたい。農地については、さまざまな改革が行われているが、岩盤規制と言われていた農地転用の許可申請が9月から国から権限委譲されることになった。規制がゆるむわけではなく、遊休農地も含め農地のあり方を市町村が権限を持ち行っていくことになる。遊休農地活用の方法を地域の皆さんと知恵を絞って取り組んでいく。西部山麓については、そこから市街地を見た風景はインパクトのある景観であり、私のパワーポイントでも使用している。リニアを見据えた地域づくりや移住定住など考えたとき、とても重要な観光資源にもなる。

市の回答

組合加入率低下の問題について

自治基本条例の中で、自治活動組織の役割に理解を深め、組合加入に務めていただくよう定めている。震災では倒壊家屋から助けられた70%が家族や隣近所であった。やはり気心の知れた関係になることが大事。各地区で組合加入のコーディネーターをお願いしているが、こういった活動を重ねていき、引き続き有効な策を検討していく。個人情報の提供については、過去に自治会に対して住民記録の情報を提供したことがある。再度提供する場合は情報公開審査会にかける必要がある。全市的な課題であるため、まちづくり会長会で議論をお願いしたい。

遊休農地について

遊休農地の状況は、市全体で農地面積は4350hある。そのうち490hが遊休農地となっており10%程度となっている。その中で伊賀良地区の農地面積は630hあり24hが遊休農地である。全市に比べ低い状況ではあるが、遊休農地をおさえるためには、農業をやりたい人にはきちんと農地が与えられて、農業を担ってもらうには農業で収入を確保できるようにしなければならない。しかし、高齢化で農業ができなくなった場合にはどうしても荒廃地化してしまうのでその対策も必要。移住定住策や、農ある暮らしをしてみたい人に提案できるよう検討していきたい。

沢城湖の活用について

沢城湖は危険な部分があり、25・26・27年度の3年をかけ排水の改修が終わった。利用者は27年度が680人、26年度が470人だった。体験教育旅行などでも多くの利用者がある。西部山麓は景観の面で非常に良いところ。地域資源を守り活かしていくため、地域の皆さんと検討していきたい。

小学校周辺の安全対策について

小学校の通学路は、平成24年に通学路安全対策アクションプログラムに基づき安全対策工事を進めている。毎年度見直しを行っているので要望をあげていただきたい。インター西交差点付近は、国県が道路管理者になっているのでそちらへ要望していく。

見守り支え合いの仕組みづくりについて

支え合いマップを活用するためには、まず市民の皆さんに地域の中での支え合いが大切だということの理解を深めていただくことが必要。地域の皆さんと一緒に活動できるNPOや民間事業者もあり、市としてコーディネートできれば良いと考えている。

地域住民参加の環境美化の推進について

ごみリサイクルカレンダーを毎月3月に組合未加入者へは直送し配布している。外国人向けのカレンダーもあり活用いただける。集積所の設置は、20戸に1箇所の割合であるが、今後高齢化社会を踏まえ検討していきたい。

中央道の側道や法面の美化について

中央道の法面の美化は、管理者のネクスコ中日本に伝える。側道のごみ等については、危険がともなう場合や大量の場合は環境課へ連絡をお願いしたい。

ICT教育について

現在の中学2年生以下、2020年の大学入試から大幅に変わる。パソコンを使って問題を調べ回答するCBT方式の導入が検討されている。世の中にコンピュータが入ってきた中でどう使うかをご理解いただいたい。ICTにより子どもたちを豊かにすることが可能になる。例えば外国の子どもと交流することや、コンピュータが苦手分野の分析をすることで学校教育を補うこともできる。

ミニキャンプ実施にともなう手洗い場等の整備について

ミニキャンプは、学校・地域・家庭が連携した大事な活動。屋外の手洗い場は、屋外での学習活動の汚れに使う排水のため、汚水管ではなく、雨水の配水管としている。炊飯作業に必要な設備は、学校も参加の事業であるため、家庭科室の利用など現状の施設の中での対応をお願いしたい。

会場の様子

この他、フリートークの中で、伊賀良小学校第2体育館の音響のハウリングの改修、同小学校の洋式トイレへの改修の要望などが出されました。

お知らせ

7月27日まで各地区で市政懇談会を開催しています。それぞれ、お住まいの地域へ、ぜひご参加ください。市政懇談会の開催日程 (PDFファイル/36KB)

他地域のレポートはこちら(平成28年度市政懇談会レポート)からどうぞ。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)