ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 安全で安心できる生活 > 【提言】交通安全対策と規制、施設の設置について

【提言】交通安全対策と規制、施設の設置について

ページID:0046947 印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月2日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 上郷小学校へ通学する子を持つ親です。
 私の子どもは勅使河原幼稚園のあたりからふき接骨院の角を右に曲がり小学校へと通っていますが、とにかくスピードを出している車が多いです。
 狭い道路ですし、全国で起こっているような児童の列に突っ込むような事故がいつか起きないかと心配しています。
 ガードレールを設置してほしいですが、なかなか難しいと思いますので、時間帯によって一方通行にするとか、道路に目の錯覚で速度を落とさせるようなペイントをするとか、何か対策を考えてほしいです。
 また、上郷小学校付近にある三叉路の横断歩道は、停車せず通過する車が多いため、子どもたちがなかなか渡れないことがあります。
 このような問題は上郷地区だけのことではなく、大変難しい問題だと思いますが、子どもの命が失われてからでは遅いですし、交通事故は加害者、被害者ともに人生を変えてしまいます。ご考慮いただけたら幸いです。

市からの回答

 この度は、交通安全対策と規制、施設の設置についてご提言をいただき、ありがとうございます。
 通学路を含む生活道路の交通事故低減に向けた取組は、通学路安全対策アクションプログラムの実施や、各種安全施設の整備を行っています。
 施設の整備は、各地区まちづくり委員会や学校からの要望で実施しているため、具体的な対策箇所や方法の提案は、まちづくり委員会か学校へ提出をお願いします。
 また、警察署の管轄で、警察署とまちづくり委員会、飯田市が協議して設置する「ゾーン30」という規制区域があります。
 これは道路ごとに走行速度制限を設定せず、地域全体を時速30キロで走行する規制区域とするもので、松尾、竜丘、伊賀良地区の小中学校を中心とした地域に設定しています。
 学童や高齢者といった交通弱者の保護には大変効果がある規制となるため、今後、区域の拡大が図れるよう、関係地域と連携して規制地域の設定を行ってまいります。

※このご提言は、「各課への質問」としてお受けしたものですが、ご提言者がウェブサイト上での公開を希望されたため公開します。回答は危機管理室が作成したものです。

ご案内

回答の担当課 危機管理室