ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 環境に配慮した循環型のまちづくり > 【提言】路上喫煙禁止等の条例制定について

【提言】路上喫煙禁止等の条例制定について

ページID:0056001 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月9日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 路上喫煙や車からのポイ捨て、コンビニにたむろして喫煙する集団、禁煙飲食店の少なさなど、今の飯田市は、禁煙の世界基準からは程遠い状態だと感じています。
 世界人形劇フェスをきっかけに、世界に向けた市として、路上喫煙の禁止や喫煙可能施設の設置、明確化などの条例を制定してほしいです。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言「路上喫煙禁止等の条例制定について」のご提言をいただき、ありがとうございました。
 ポイ捨てや公共の場所での喫煙に関しては、「飯田市ポイ捨て等防止及び環境美化を推進する市民条例」を平成26年に制定し、まちを綺麗にして地域環境の美化に努めることにより、ポイ捨てや不法投棄がされない環境をみんなでつくることとしています。
 この条例では具体的に
  1 公共の場所では、吸い殻入れの設置してある場所以外では喫煙をしないこと
  2 公共の場所で喫煙する場合は、吸い殻を収納する容器を携帯して使用すること
の2つを市民や観光客の努力目標として定めています。
 また、この条例を制定したことで、ポイ捨てをした人が特定できれば、ごみを片付けさせるよう市から勧告することができますが実際にはなかなか特定できず、市が直接指導することが難しい状況です。ポイ捨てをした人を見かけた場合は、環境課へご連絡いただければと思います。
 また、この条例は、ごみ・リサイクルカレンダーなどにも掲載しており、ポイ捨て防止の認識を高めていただきながら、環境パトロールなども継続実施して、運用してまいります。市民のみなさんには、ごみゼロ運動等による活動をはじめ、周辺の環境美化に目を配っていただき、ポイ捨てされにくい環境づくりにご協力いただきたいと存じます。
 受動喫煙に関しては、このほど健康増進法の一部を改正する法律(案)が閣議決定され、国による受動喫煙への対策が実施される見込みです。
 飯田市健康増進計画「健康いいだ21」は健康増進法に基づき策定しており、これまでも受動喫煙による弊害を認識する中で現況の改善に努めてまいりました。
 本年度、計画の見直しを予定しており、その中で受動喫煙防止のための規制が可能か、その他に有効な方法で対策がとれるか等について検討して参る予定です。
 引き続き、市政に対しご提言・ご協力いただければ幸いです。

ご案内

回答の担当課  環境課、保健課