ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 環境に配慮した循環型のまちづくり > 【提言】おむつ使用世帯へのごみ袋の無料配布等の支援について

【提言】おむつ使用世帯へのごみ袋の無料配布等の支援について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月2日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 現在5か月の乳児を育児していますが、毎日たくさんのおむつゴミが出ます。おむつを使用している家庭にごみ袋の無料配布をしたり、指定のごみ袋を使わずに排出できるというようなことを行わないのですか。子育てに対する経済的な負担を減らして欲しいと思っています。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 飯田市では、子育て環境を整え、子育ての経済的な負担を軽減するためには、多様な視点から、総合的な支援・対策を実施することが必要と考えています。
そこで市では、0歳児から高校3年生までの医療費給付事業や、市独自の保育料の負担軽減などの経済的支援を始め、乳幼児とそのご家族が無料で利用いただける「つどいの広場」や子育て相談など、子育て世帯への様々な支援を実施しています。
 飯田市の「燃やすごみ」の指定ごみ袋につきましては、「袋そのものの代金」に「ごみ処理費用」が含まれた価格となっています。これは、ごみ処理費用に関し「燃やすごみ」と「埋立ごみ」は有料化する一方、リサイクルできる「資源ごみ」(容器包装プラスチック、金属、紙類、PETボトル、ガラスびん)は無料とすることによって、費用負担を皆さんに意識していただくことで分別努力を促進し、廃棄物の減量につなげていくことを目的として、平成11年から導入している制度です。
今回、子育て支援の面から、指定のごみ袋を使用しないかたちでの紙おむつの排出についてご意見をいただきましたが、減量することが難しい紙おむつについて費用負担がかさんでしまうことは、申し訳なく思う一方、紙おむつに限って指定ごみ袋を使用しなくてもよいことにするのは、袋の中身を一つ一つ確認することが現実的にはできないことから、導入は困難です。
紙おむつ用に指定ごみ袋を無料配布することにつきましては、子育て支援策の一つのご提案として今後の検討課題とさせていただきます。
 今後も皆様の貴重なご意見を参考にさせていただきながら、子育てしやすい環境の整備や支援のあり方について、皆様方とともに考えて参りますので、今後ともご理解とご協力をお願い致します。
 引き続き、市政に対しご提言いただければ幸いです。

ご案内

回答の担当課  環境課、子育て支援課