ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市民サービスの向上 > 【提言】休日の窓口業務と提出書類に添付する証明書等の省略について

【提言】休日の窓口業務と提出書類に添付する証明書等の省略について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月29日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 4月30日(月曜振替休日)に住民票の写しをとりに行ったところ、市役所は休みでした。
 平日は仕事があるため、市への提出書類の作成などは休日に行わなくてはなりませんが、このような状況なので住民票の写しが添付できません。
 市役所の内部のことであるので、職員が住民票を確認してもらえれば、住民票を発行してもらい、また市役所へ出掛けて提出するという手続き上の無駄も省けるのではないでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言にご意見をいただき、ありがとうございました。

 飯田市では、15地区の各自治振興センター、本町りんご庁舎の市民証明コーナー、市役所本庁市民課窓口で、戸籍や転出入の届出等をお受けしています。
 また、市民の皆様の多様化するライフスタイルに対応するため、市役所本庁市民課窓口では、受付時間を平日夜間午後5時15分から午後7時まで延長するとともに、土曜日の午前8時30分から午後5時15分までについても窓口を開くなど、窓口体制を充実させて参りました。なお、住民票等の証明書類は、郵送によりご請求いただくことも可能(ただし、運転免許証の写し等の添付が必要)とさせていただいております。
 恐れ入りますが、お仕事などで平日昼間のご来庁が難しい場合は、夜間、土曜日の窓口、郵送請求をご利用くださいますよう、お願いいたします。
 市への申請書類等の提出につきましては、窓口が閉まっている時間であっても、市役所の宿日直等でのお預かりや、郵送により提出いただけるものも多くありますので、お気軽にお問い合わせください。
 市への提出書類に添付する住民票の写しの省略につきましては、市民の皆様の利便を増進し、行政を効率化するため、市としましても積極的に取り組むべき課題と考えています。各種申請等事務手続きの中で皆様がご不便とお感じになられているものがございましたら、是非ご指摘ください。
 その一方で、市の窓口でお受けする事務の中には、国や県から法令によって委託された事務(法定受託事務)が混在しており、住民基本台帳を保有していない国や県の事務の中には、住民票の写しを求められる事務も存在しています。こうした場合には、法令上住民上の写しを添付いただかざるを得ないことに対し、ご理解をいただきたいと存じます。
 引き続き、市政に対しご提言いただければ幸いです。

ご案内

回答の担当課  市民課、秘書広報課