ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 道路など社会基盤の整備、土地利用、景観 > 【提言】ラウンドアバウトにおける視覚障がい者の利用等について

【提言】ラウンドアバウトにおける視覚障がい者の利用等について

ページID:0057405 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月22日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 ラウンドアバウトを省エネルギーと評価しているとのことですが、視覚障がい者が横断しづらいものであることについてはどのように考えていますか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 ラウンドアバウト型の交差点につきましては、信号が不要で省エネルギーであることに加え、重大事故の抑制、待ち時間の解消、維持管理費の削減、停電時にも通常通り機能するため災害に強い、といった特性を持つことから、交差点整備の際の一つの選択肢として検討を重ねて参ったところです。
 また、ラウンドアバウトを設置するに当たりましては、視覚障がいをお持ちの方にも円滑にご利用いただけますよう、一般の交差点と同様に誘導用ブロックを設置するなどの配慮をしています。今後も、ラウンドアバウトに限らず、車両、歩行者ともに交差点をさらに安全かつ円滑にご利用いただけますよう、より良い方策について検討を重ねて参ります。
 引き続き、市政に対しご提言いただければ幸いです。

ご案内

回答の担当課  地域計画課