ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 市の施設などへの要望 > 【提言】中央図書館山本分館の暑さ対策について

【提言】中央図書館山本分館の暑さ対策について

ページID:0058976 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月27日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 中央図書館山本分館は、屋根の一部がガラスとなっていて、日光が館内に入ってきます。今夏の猛暑では扇風機だけでは暑さを防ぐことができず、来館者がゆっくり本を選んだり、くつろいで利用することができません。分館の中でも、エアコンが設置されていないのは、山本分館ともう1館の2館だけのようです。早急に、直射日光を避ける遮光布を張り、エアコンを設置してください。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 各地区公民館内の中央図書館分館につきましては、中央図書館まで行かなくても、読みたい本を読んだり借りたりすることのできる身近な図書館として、主に乳幼児親子や児童、高齢者の方々にご利用いただいておりますが、最近の猛暑を気象庁が災害と捉えているように、今までの対策だけでは対応に限界があると認識しています。
 今夏の猛暑を受け、多くの皆様から教育関係施設等へのエアコン設置についてご要望をいただいていますが、飯田市教育委員会では、暑さ対策として、まずは工夫をできることに取り組みつつ、暑さ対策の方向性を早い段階で決定し、学校等、優先度の高い施設からできるだけ早く対応して参りたいと考えています。
 中央図書館山本分館の暑さへの対策としましては、既存の扇風機のほかに、冷風扇を配置いたしました。また、分館内に飲み物を用意し、水分補給を呼びかけ、熱中症への注意を促しています。しかしながら、山本分館の天窓は特殊な構造となっており、ご提案いただいた遮光布を張ることが容易には行えない状況です。夏の太陽光を遮るため、どのような工夫、対策ができるかを引き続いて検討して参ります。

ご案内

回答の担当課 

中央図書館