ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】道路の自営工事の管理について

ページID:0058971 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月5日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 水道工事等のあとに行う、埋戻し等の道路の自営工事(舗装復旧)が雑で、陥没や段差などが目立ちます。工事後の至る所、全てと言ってもいいくらいです。
工事後の状態にもっと関心を持って、必要があれば業者に補修させるなどの対応をして欲しいと思っています。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 給排水設備敷設等の道路掘削を伴う工事後の舗装復旧につきましては、市の舗装構成や転圧の基準を定めた「飯田市道路に係る占用許可基準」に基づいて許可しています。
 舗装復旧の時期につきましては、この基準で「埋戻し完了後、直ちに仮復旧を行うこと。」、「仮復旧から自然転圧期間として1カ月経過した後、2カ月以内に本復旧を行うこと。」と明記しており、本復旧までの適切な舗装復旧は施工業者の責任で行われます。工事を許可する際の舗装復旧に関する指導を強化して参りますので、ご理解くださいますようお願い致します。なお、舗装復旧は施工業者の責任で行い、良好な道路の維持は道路管理者の責務となりますが、仮復旧中の路面状態は道路管理者でも把握しきれない面もあります。お気付きの箇所の具体的な位置をご連絡くださいますと、施工業者への速やかな改善指示が行えますので、ご協力くださいますようお願い致します。
 道路管理者が管理する路線の不良箇所につきましては、パトロールなどを通じてその把握に努めていますが、通報等でお知らせいただいた箇所もあわせ、発見次第、できるだけ速やかな対応を心掛けています。道路舗装の良好な状態が維持され、また、不良箇所が速やかに補修できますよう、引き続き取り組んで参ります。

ご案内

回答の担当課 

管理課