ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > その他 > 【提言】市役所での障害者雇用の実態について

【提言】市役所での障害者雇用の実態について

ページID:0059931 印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月5日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 障害者の雇用数の不正な報告等が官公庁であったと報じられましたが、飯田市役所の障害者雇用の実態を教えてください。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 障害者雇用につきましては、「障害者の雇用の促進等に関する法(以下、「障害者雇用促進法」といいます。)」の規定により、地方公共団体に対しても2.5%(平成30年度時点)の法定雇用率が定められており、毎年、厚生労働大臣に障害者雇用の状況を報告することとされています。
 飯田市の障害者雇用の状況につきましては、平成30年6月1日時点において22名の方を職員として雇用しており、実雇用率は2.34%となっています。
 なお、障害者手帳、療育手帳又は精神保健福祉手帳のいずれかを確認させていただいた方のみ、報告対象障害者として計上しています。
 障害者雇用促進法の趣旨を踏まえ、法定雇用率の達成に引き続き努めて参ります。

ご案内

回答の担当課 

人事課