ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【提言】公民館活動の削減について

ページID:0061071 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月15日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 公民館活動は地域住民の自主的な活動によるものとありますが、明らかに過剰な活動内容があり、大会の参加者募集などが負担となっています。役員になれば、事前会議に参加したりと、大変な負担です。
 住民が必要性を感じていない事業に予算をかけることも疑問に思いますので、市から活動の削減を指導して、住民が参画しやすい公民館活動として各分館に任せるべきではないでしょうか。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 飯田市公民館は、戦後から、地域に密着した自主的・主体的な住民の学習活動を支援し、地域づくりの基盤である人づくりにおいて大きな役割を果たしてきています。また、各地区の公民館や分館でも、住民の皆さんの自発的な活動として、それぞれの地域の特徴を活かした委員会活動や学級講座に取り組まれています。
 公民館活動を通じて、地区住民同士が互いに交流を深め、学び合うことにより、「自らの地域は自らの手でつくる」という主体性が育まれるとともに、地域の自治の意識が高められて、一人ひとりが心豊かに暮らせる地域の創造につながっているものと考えており、地域の中でこうした機会が提供され続けていくことがとても大切なことであると考えます。
 一方で、ご指摘のとおり公民館活動は地域住民の自主的な活動ですので、運営をはじめ全てのことが地区の自主性に委ねられており、参加者の呼びかけや実施に至るまでの計画・準備についても、住民の皆さんが意見を出し合い創意工夫しながら、内容を決定していただいています。
 従いまして、公民館活動の在り方につきましても、市や教育委員会から指導するということではなく、お住まいの地区で話題にしていただき、ご検討いただければと思います。
 役員として公民館活動にご尽力いただいている方々におかれましては、地区の皆様をけん引されるお立場の中で、ご負担をお感じになられることが少なからずあろうことと推察致しますが、今後も、住民の皆さんに主体的に参画いただきながら、充実した公民館活動が行えるよう支援して参りますので、引き続き、ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

ご案内

回答の担当課 

飯田市公民館