ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > 市政情報 > やらまいか提言 > 地育力を高め、元気な子どもを育てる > 【提言】乳幼児学級で災害を学習する機会を設けることについて

【提言】乳幼児学級で災害を学習する機会を設けることについて

ページID:0063490 印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月24日更新

やらまいか提言箱にいただいた提案内容と回答を紹介します

提言

 乳幼児学級に参加して思ったのですが、地震や自然災害、また、災害への備えについても、小さな子供を持つ家庭として知っておいたほうが良いことがあるのではないでしょうか。
 防災用品のリストや過去の震災で実際に役立ったもの、あるいは必要な知識を学ぶことができると嬉しく思います。一人で防災の知識や意識を高めるのは不安がありますし、母親どうしの横のつながりも災害時に大切になってくるかと思いますので、乳幼児学級で学習の機会をつくって欲しいと思っています。

市からの回答

 この度は、やらまいか提言に貴重なご意見をお寄せいただき、ありがとうございました。

 乳幼児学級での学習内容はそれぞれの地区ごと、年齢別に、その地区の特色を感じられる内容が計画されていますが、防災に関する学習につきましては、乳幼児学級ではあまり取り入れられてない内容です。
 防災に関する学習は、知識や意識を高めていただくばかりでなく、子育てをされる皆様同士が互いに助け合える関係を気づくきっかけとしても大切な機会となりますので、各地区の乳幼児学級等の内容として取り入れられるよう、努めてまいります。
 また、乳幼児学級等での学習内容につきましては、皆様からのご要望も積極的に取り入れたいと考えていますので、他にも取り扱ってほしい話題などがありましたら、お気軽にお申し出ください。

ご案内

回答の担当課 

保健課・危機管理室